再考・社会福祉法人「桜川福祉会」の消えた補助金一億円(茨城県議飯塚秋男と山口ちえ現副知事の忖度)

再考・社会福祉法人「桜川福祉会」の消えた補助金一億円

茨城県議飯塚秋男と山口やちゑ副知事の忖度


今年3月11日に当ブログで紹介した投書が、茨城県民の間で話題になっているという。

茨城県民といっても近々知事選挙が行われるというから、話題にしているのは大方、深く県政に携っている人たちだろう。

国政で逆風に晒されている自民党は、先の都議選を期に嘗てない危機感を抱いている。

菅官房長官が選挙に先立ち頻繁に茨城県へ擁立候補の後押しに行っているというが、まさに危機感の表れであろう。

その危機感に拍車を掛けている問題が、投書の内容に秘められているそうだ。

ネットやメディア報道に溢れる風聞や風評がつくりだす「風」が、選挙結果を左右する現代を危惧する声もあるが、火の無い所に煙は立たぬという言葉もあるから、その中にある真偽をしっかりと見極め、不正の事実があれば正さねばならない。

さて、その茨城県の投書であるが、長文で資料も多いため解りにくい。

そこで改めて資料を基に詳しく内容を読み解いていこうと思ったが、どうしてもややこしくなるので、登場人物の相関図を貼り、ザックリと簡単に全容を纏めておく。


相関図(画像クリック)


第一に、

要するに、茨城県議会議員の重鎮飯塚秋男が平成20年頃、鈴木章という大工をそそのかし、社会福祉法人「桜川福祉会」を立ち上げたのだが、この施設を建設した際に、飯塚県議が県職員「大森」と「酒寄」に圧力をかけ、国の補助金一億円を出させた。という話である。

ところが、施設の建設に携わった業者に代金を支払わず、飯塚県議が補助金一億円を私的流用してしまったらしい。というのが問題の要である。

このとき工事代金を支払ってもらえなかった業者が、県の担当職員である酒寄氏に相談した所、酒寄職員が、別法人「やまびこの里福祉会」で常務をしている斉藤亨に解決策を相談したところ、「笹沼政国」と「石川利雄」という人物を「桜川福祉会」の理事として送り込み、「桜川福祉会(理事長鈴木章)」を「やまびこの里福祉会(常務斉藤亨)」の親会社である不動産会社「野澤ワールド」に一億円で売却して、業者の未払い代金を支払うという計画を立てたということだ。

業者への工事代金未払いの解決を目的とする県職員サイドと「桜川福祉会」を買い受けたい斉藤亨サイドの利害が一致したということだろう。

ところが、その計画に気付いた「桜川福祉会」の鈴木章が、自分ならもっと高く売れると考えて、飯塚県議や臼井平八郎議員に相談し、「野澤ワールド」に一億円で売却するという斉藤亨の計画をぶち壊す行動に出る。

飯塚県議は、当時の県福祉部長(現副知事)山口やちゑに圧力・口利きを行い、斉藤亨が「桜川福祉会」に送り込んだ「笹沼政国」と「石川利雄」を追い出した挙句、一億円の補助金が使途不明となっていることについて、理事長であった鈴木章に請求しないとする確約書をつくらせた。


その結果、今も尚、業者への未払い金はそのままで、補助金一億円の使途不明金問題が揉み消されたという話である。

第二に、

「野澤ワールド」に一億円で売却するという斉藤亨の計画の下、理事として「桜川福祉会」に送り込まれていた笹沼政国は、「桜川福祉会」を乗っ取るべく計画を進める過程で未払い金と成っていた業者への代金の一部を立て替えていた。それなのに、計画は失敗に終わり立て替え損と成ってしまった。

笹沼政国にしてみれば、事の発端は県の担当職員である酒寄氏が斉藤亨に相談したことである。そのことを充分承知していた酒寄職員は、埋め合わせをすべく国から使い切れないほど来ていた補助金を斉藤亨と笹沼政国へ工面することになったそうだ。

架空の会社を作って偽の領収書で補助金を出していたということだ。その一部が発覚し笹沼政国だけが逮捕される事件が起きたというのが以下の報道記事である。投書の内容が事実なら、報道にあるように県が被害者ヅラして「契約書の偽造が見抜けなかった」というのは嘘で、県職員主導による県ぐるみの事件であったという事になるだろう。


笹沼逮捕報道



最後に、

投書の主が、最も重大な問題と位置付けしているのは、笹沼の事件で、新聞報道では補助金約3800万円の内、水増し請求は2114万円となっているが、実際には一億円以上の補助金が出ており、表沙汰になっているのは一部に過ぎないということだ。

そして、それを障害福祉課の課長と課長補佐が揉み消そうとしていること。

これらは、山口副知事、或いは橋本知事の指示ではないか?ということである。

以上は、投書を基にした内容であるから、真偽のほどは定かではない部分もある。しかし、内容と整合性のある資料も一部あるのも確かである。

改めて、投書と資料を添付するので、重ねてご覧になって頂きたい。

それにしても、社会福祉の名の下に税金を食い物にする悪い忖度はあってはならない。

今、国政に限らず、全国の政治家、公僕の資質が問われている。

亡国の一途を辿る要因が身近なところに潜在しているのだ。つづく。



【投書】クリック


【資料A】飯塚県議が山口福祉部長と面談


【資料B】前理事の免責を協議



【資料C】雇用契約の約束



【資料D】経緯



【資料E】前理事の免責を約束



敬天新聞4月号タブロイド判

※文中の「山口ちえ」は「山口やちゑ」の誤り









 

スポンサーサイト

  • 2017.11.18 Saturday
  • -
  • 06:43
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode