この顔にピン!ときたら「よし子ちゃん」番外編・その2

この顔にピン!ときたら「よし子ちゃん」番外編・その2


よし子ちゃん

日本テレビの報道番組「ニュースevery」が、「被害総額10億円?ウソだらけの転売ビジネス」とのタイトルで詳しく報じた詐欺の首謀者「X」こと石川喜子ちゃん。

当社ブログで公開中の「よし子ちゃん」の顔写真を見て、「ピン!ときたよ」という人達から、続々と情報が寄せられている。どうやら被害者は、首都圏だけではないようだ。

関西では、一人で5億円の損害を被った人もいるそうだ。テレビじゃ「被害総額10億円?」っていうけど、いったい、よし子ちゃんはどれだけ金を集めたのだろうか。もちろん見せ金や配当に使った出費もあるから、実入りはそれ以下と成るだろう。

また現在、各地で被害者による民事訴訟が起きていることが分かった。警察に相談に行ったけど、先ずは民事で訴えなさいと言われた人達だ。

SK社、TH社、石川喜子、佐々木茂洋、菊池健、黒澤勝浩に対し、損害賠償を求め東京地裁で民事訴訟中であるというAさんも、その一人である。

Aさんが被ったという石川よし子たちの詐欺的な手口は、これまで報じた内容の通りなので詳細は省くが、Aさんの訴訟中に石川よし子たちグールプに内輪揉めが生じているようだ。

被告と成った石川よし子たちの代理人弁護士がドタバタしているそうだ。石川よし子たち、SK社、TH社の顧問弁護士は波田某氏であったそうだが、それが訴訟ではKという弁護士が代理人を務めている。

ところが、K弁護士は9月に開かれた期日3回目となる法廷で、被告佐々木、被告SK、被告THの代理人弁護士を辞任すると告げてきたという。

被告SK社と被告TH社の委任状について、被告佐々木を経由して取得していたが、佐々木の報告に疑義が生じ、信頼関係が破壊したことや、被告佐々木と被告石川との間に利益相反が生じる恐れがあるというのが辞任の理由であるそうだ。被告の矛盾を正直に告げ辞任するのだから、真っ当であると思われる。真意は分からんがね。

菊池健は別の弁護士に依頼し、名前を貸しただけで無関係であるとの主張をしつつ、自己破産を申し立て訴訟から外れる(逃げる)公算であるという。

菊池健は、報酬に釣られてTH社(集金担当)の代表を引き受けたダミー社長である。しかし、株式会社の代表を引き受けた以上、その責任を問われるのは当然である。


また、黒澤勝浩は弁護士を付けず出廷もしないので原告の主張が全て認められ判決に至ったそうである。
黒澤勝浩は、SK社(ブランド品担当)の代表・黒澤フジ子の息子で、勧誘行為に深く係わっている人物だ。ネットワークビジネスが好きで、アムウェイ繫がりの仲間たちを巻き込んだようである。自身のフェイスブックでは母親を至る所に連れ歩き、親孝行をアピールしていたが、今回は何も知らない母親も巻き込み、親不孝者である。



黒澤親子

SK社もTK社も、後任として近藤晴則が代表と成った。だが近藤もまた報酬に釣られて雇われたダミー社長で、訴訟に至り慌てて代表の退任を申し出ている。


近藤の答弁書


代理人弁護士からも疑われている佐々木茂洋は、現在は都内板橋のタクシー会社○和○通東京営業所でドライバーをしているという情報が寄せられている。菊池と黒澤の不動産に設定していた5千万円の根抵当権は何だったのか?よし子ちゃんと集めた金はどこにいってしまったのだろうか?


佐々木

預けた金も商品も、どこに行ったのか極めて不透明であるブランド品転売ビジネスの他、FXや株や不動産等に運用するという投資話で出資を募ったりもしていたというのだから、金融庁でも警察当局でも、調べるには十分な事案ではないか?

それにしても詐欺被害の相談が絶えない昨今である。警察も人手に限りがあるのだから、被害情況の大小でふるいに掛け、対応が後でに回ることもあるだろう。それがまた、詐欺師が蔓延る悪循環と感じざるを得ない。極悪人は獄門台へ!



クリック→この顔にピン!ときたらよし子ちゃん番外編・その1
 

スポンサーサイト

  • 2017.11.18 Saturday
  • -
  • 16:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode