松魂塾/故 直隆志塾長 告別式(平成30年1月15日)

松魂塾/故 直隆志塾長 告別式

(平成30年1月15日)

 

平成30年1月15日、政治結社 松魂塾 故 直 隆志塾長の葬儀・告別式が東京・本傳寺でしめやかに営まれた。
直塾長は昨年末に脳内出血で倒れ、最新医療の甲斐なく去る1月5日享年59歳にして人生の幕を閉じられました。

 

 
直塾長は憂国の精神に燃え、長年に渡り民族運動に身を挺し、我国が抱える様々な問題に取り組まれてきました。

  
 
 

 



 


生前に数々の武勇伝を残してきた故 直塾長に、参列した大勢の人たちが別れを惜しみました。



 






直塾長の御冥福を心よりお祈り申し上げます。




 
平成28年1月新橋にて(中央・直塾長)

 
 

【敬天新聞 平成20年9月号 社主の独り言より】
 

▼関東の右翼民族派で日本青年社、大行社といえば、単一組織としては別格扱いの組織力を持つが、時代と共に大きく様変わりを模索している。
 特に青年社は任侠右翼と言われた創設期に比べたら本格的に政治右翼として脱皮を始めているし、大行社とて優秀な若手を前面に出して積極的に勉強会を開いている。しかし、余り大き過ぎると意思統一が難しい。大は小を飲むという利点もあるが所詮、組織というのは人の集まりであるから、トップの器量にも依るが束ねるという意味では程々の方がよかったりもする。
 私が好きな団体の一つに松魂塾というのがある。私がこの業界に入る前から名前だけは知っていた。企業を始め多くの人が一目も二目も置いている存在だ。その理由が当初解らなかった。勿論、実績や実力では申し分ない物がある。徹底した攻めや狙った的を外さない厳しさも持っている。もう一つ特別大きな財産を持っている事を知った。それは徹底して黒子になれる事だ。
 人は誰でも主役になりたがる。手柄は自分の物にしたがる。いや、他人の手柄まで自分の物として吹聴する者も多い。知ってる事を言わない、言ってはいけない事を言わない、というのは簡単なようで実は非常に難しい。
 口が固いという事は信用に繋がる。そして他人からの頼まれ事を持ち出しになっても片付けようとする真剣さがあるから、増々、信用が付くのである。自分の頭のハエが追えない、と言いながら一切の義理事は欠かさない几帳面さを併せ持つ直塾長は男の鏡と言っていいだろう。
 決して自分が解決して終わった事を口にしない。自慢しないから依頼者は安心出来るのだ。与党になれる必須条件だろう。持って生まれた資質もあろうが、発展途上で野党専門の私にとっては学ぶ事だらけだ。






 

スポンサーサイト

  • 2018.12.10 Monday
  • -
  • 17:34
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode