弁護士頼らず勝訴! 原告女性「六法、ネットで調べた。」

JUGEMテーマ:ニュース

千葉日報WEBの記事によると、矯正治療を受けても歯並びが良くならなかったのは歯科医の治療が不適切だったためとして、千葉市稲毛区に住む無職女性(38)が、歯科医院を開設する医療法人を相手取り、治療費や慰謝料など計約140万円の支払いを求めた訴訟の判決が19日、千葉地裁であった。菅原崇裁判長は「十分な説明を尽くすことなく治療を行った」として、同法人に治療費と慰謝料など計約100万円の支払いを命じた。

 女性は2008年8月、弁護人を立てずに提訴。判決を受け、「医者や弁護士は委任契約だが、その歯医者に裏切られた。弁護士も信用ならないと思い、自分で六法全書を買ったりインターネットで調べた。裁判で認められて満足」と話した。

 歯科治療で被害に遭われた方にはまさに朗報である。法律のプロ抜きでの勝訴は歴史的な一歩と言っても過言でない。今こそおとなしい日本人たちが立ち上がり、国賊医師らを糾弾しなければならない。キーワードは、「インプラント」「審美歯科」「矯正」である。これらの治療等で損害を被った方、あるいは医師らの不正疑惑を知る医療関係者の方からの内部告発をiryu@keiten.net(敬天新聞社 医龍宛)までご連絡願いたい。相談は無料である。

 我々は、徹底取材と断固糾弾、専門医の後ろ盾と法的処置の万全体制で被害者の方の救済、国賊医師の排除に今後も「今日勝つ精神」で努める。国士啓蒙、国賊は討て!

 最近の関連記事)
えっ!?日歯連が2001年都議会議員選挙(杉並区)落選の西村まさみ氏(民主党公認)を候補者に決定。
徹底糾弾!デンツプライ三金 ルシトーンFRS担当者 歯科技工士 横田功一氏の詐欺的行為
成田デンタル(大手歯科技工専門営業会社)の不正疑惑
【医療事故判例】 インプラント手術失敗(下顎管損傷)

スポンサーサイト

  • 2018.10.06 Saturday
  • -
  • 02:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode