故 若杉武弘塾頭 /政治結社 天誅塾 塾葬 (平成30年5月11日)

故 若杉武弘 塾頭 /政治結社 天誅塾 塾葬

(平成30年5月11日)

 

平成30年5月11日、政治結社 天誅塾 故 若杉武弘 塾頭の葬儀・告別式が、山梨県笛吹市内の斎場でしめやかに営まれました。若杉塾頭は山梨民族派団体協議会の議長でもあり、我国が抱える様々な問題に取り組まれておりました。

若杉塾頭は肝臓がんを患っておりましたが、そんなことは表に微塵も感じさせることなく、各地で行われている友好団体の演説会に自ら参加し、勢力的に活動しておりました。

敬天新聞社の定例街宣でも、甲府から毎週かかさず新橋へやってきて、参加をして下さいました。マイクを握ると、世に蔓延る不条理に憤り、人一倍大きな声を張り上げておりました。その力強い演説には何度も勇気づけられ、精神的に救われたこともありました。

これまでも何度か体調を崩し、手術の為に入院をしていましたが、手術の翌日であっても新橋にやってきて、皆をおどろかせていました。
つい、「俺がやらなくても、誰かやるから大丈夫だろ」と凡人は考えるものですが、「俺がやらなきゃ誰がやる」という活動家の矜持を、自らの行動で示し、教えて下さった方でした。

先月4月21日に新宿駅頭で行われた「社会の不条理を糾す会」の演説会でもマイクを握り、道行く若者たちに檄を飛ばしておりました。

しかし、数日後に不調を訴え入院し、最新医療の甲斐なく去る5月2日に享年67歳にして人生の幕を閉じられました。

 

突然の訃報に、参列した大勢の人たちが若杉塾頭との別れを惜しみました。



  



若杉塾頭 ありがとう
若杉塾頭 さようなら


若杉塾頭の御冥福を心よりお祈り申し上げます。




平成30年4月21日新宿駅西口にて



若者たちに檄を飛ばす若杉塾頭



タイム 51:10 から若杉塾頭が演説します。
(動画:社会の不条理を糾す会HPより)

スポンサーサイト

  • 2018.11.10 Saturday
  • -
  • 14:07
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode