新橋駅前定例街宣・平成31年3月27日(水)新元号事前公表問題

新橋駅前定例街宣・平成31年3月27日(水)

毎週水曜日恒例(16時〜19時迄)となりました敬天新聞社主催の街頭演説会。都心の桜は間も無く満開、暖かくなったので人足も多く成りました。

 


 
本日は、新元号事前公表問題を考える有志の皆様が、首相官邸への抗議活動の後、お立ち寄りくださいましたので、先週に続き大変賑やかな演説会と成りましたので写真を更新させて頂きました。

 

 

 

 
世間では保守だ!極右だ!といわれる安倍首相ではありますが、我が国の伝統文化継承の要であります皇位継承と、密接な関わりを持つ「元号」の本質を揺るがしかねない「新帝御即位前公表」を間も無く行います。行政や経済への混乱を最小限に抑えたいという理由をあげていますが、働き方改革の風潮にかまけて過去最大級の連休を満喫したいという稚拙な意図さえ感じます。
 

 
司山會の楠會長は、天皇陛下や皇室行事に反対する「反天連」のデモに参加した名古屋家裁の判事に対する抗議活動のため、朝から栃木の本部を出発し名古屋で活動を済ませてから新橋に駆けつけて下さいました。
 

 
お集まり下さいました皆様に感謝申し上げます。
 

トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode