EMCOM金健一氏とUEエンジニアリングの株担保融資

EMCOM金健一氏とUEエンジニアリングの株担保融資

 先月お盆前にM&Aコンサルティングを謳って金貸しをするUEエンジニアリングの松沢康弘氏とつれの石崎仁一氏が逮捕された。容疑は法人税の脱税容疑だった。

 

EMCOM社は格闘技団体K−1を新たに運営している
(格闘技団体K−1はEMCOM社が新たなオーナー。K−1のKの意味は…)

 彼らはコンサル先の企業に融資をする際に相手企業の株式を取得し、まあこのUEエンジニアリングから金を引っ張ろうとする会社の多くは、当紙の「株価10円以下銘柄 1円株券」コーナーで紹介してるような仕手銘柄・ゴミ企業だ・・・・株式公開企業ではあるけど。

 

 で、UEエンジニアリングから金を引っ張っていた企業でトラブルになった企業の中には、そのトラブルの処理を反社会団体にオーダーするコワモテ会社もあった、上場企業にあるまじき。

 

 さて、先日の「YAMATO(マザーズ 株価コード7853)の増資&LCA仕手筋一派」の中にちょこっと登場した、JASDAQ上場企業EMCOM(株価コード7954/オーナー 金健一(キム・ゴンイル))もUEエンジニアリングから金を借りていた。

 

 でもって、これはUEエンジニアリングが悪いといえば悪いのだが、EMCOM・金健一氏に融資し、その担保として預ったEMCOM社他の株券を巧妙に売りぬけ、松沢氏は儲けて、金健一氏に損をさせたそうだ。

 

 起こった金氏は手段を講じたそうだ。それは仕手銘柄とはいえ上場企業にあるまじき方法だった。

 

 EMCOM金健一氏にUEエンジニアリング松沢氏をつなげたのは、ABCホーム塩田大介とも縁のある、元インスパイア副社長だった青木英嗣氏である。青木氏は今はJWインベストメントという会社の代表という肩書き。



selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode