本日の売国奴 小沢一郎 鳩山由紀夫 民主党に関わるニュース


本日の売国奴 小沢一郎 鳩山由紀夫 民主党に関わるニュース


(読売新聞)新党乱立なら民主有利の声…第3極の票が分散


⇒自由民主党の「自由」過ぎる党風が、裏目に出るかもしれない。今まで頼りにしてきた池田大作独裁による一糸乱れぬ選挙運動を展開してくれる宗教団体創価学会が利害の一致で反日政治家小沢一郎とタッグを組む事になり、国内最大カルトと日教組と労働組合と同和団体解放同盟と韓国民潭が利益を同じく考え、狂気の人権をかざして一斉に同じ方向へ邁進するとしたら、個人の自由なんて甘い理想を言っていたら適う筈がない。悲しい話だが。


◇◆◇


(毎日新聞 2010年4月20日)阿久根市議会:農地法違反の山田議員、問責決議案を可決/鹿児島



(記事本文引用)
 無届けで農地に自宅増築などをして農地法違反で昨年、行政指導された山田勝・阿久根市議に対し、同議会は19日、議会の信用を失墜させたとして問責決議案を可決した。


 市農業委員会によると、市議は97年、農地だった自宅の棟続きの場所に木造平屋を増築し、畑も庭に変えた。市民の指摘で同委が調査。本人は「転用書類を出すのを忘れた」として農地の転用と無届けを認め、非農地証明願の提出と地目変更の登記申請を指示した。


 市議は元議長で竹原信一市長派の中心議員。87年から1期3年間、農業委員も務めた。


⇒自分たち労働組合の利権に盾突く竹原市長派の市議の農地転用は些細なネタでも問責決議なみの大ごとにするのに、労働組合のドンで日教組のドンである輿石東のやった大掛かりな悪徳農地転用は、もう誰もとがめることなく忘れる方向忘れる方向へ進んでいる。


◇◆◇


(産経新聞)「日本書籍」が撤退 歴史教科書、自虐史観批判を受け


⇒これぞ当然の話で、今後、日教組の力が更に増し、自虐史観に満ち溢れた特ア・韓国・中国目線の歴史教科書なんぞが台頭してこないよう教育委員会だけではなく、一般の大人も注意深く見守らなければならない。


◇◆◇


(読売新聞)民主党高速新料金見直し要請、政府も検討へ


⇒こうも「一国の法律を一人の独裁的な立場の者の一言で覆らせること」に何の違和感も感じない、反日政党民主党の中にいる気弱で反骨精神のない政治家の腰抜け振りを見せつけられると、こいつらが政治家であると言うことが、不思議に思えてくる。タレントだって自分の意思決定はそこそこするだろうに。


(本日の『きょうたろう(麻生首相ブログ 2010年4月22日)』よりナイスな一言)


狒輙大臣は、思いを語るだけではなく、実行せしめる立場にある人なのだから、「自分の意見としてやる。やれなかった場合は責任をとる」という形しかありえない


⇒まさに、鳩山、そしてなにがバレようが開き直って、潔い辞任をすることない「歳費泥棒」の反日民主党員すべてに言いたい言葉だ。


コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode