みずほFG・NTT・およびセコム株式会社 賢明なる個人投資家の皆さまへ 

続 W告発

うっとうしい梅雨とともに、今年も株主総会シーズンの到来だ。


本サイトにおいて、みずほ銀行の個人情報保護法違反の管理システムと、漏洩先企業・公共建物蠅砲茲襭裡圍埖膽蠶ファーストスクエア不正等価交換疑惑を追及しているが、W告発関連企業の株主総会も、今月29日の集中日を前に続々と開催される予定だ。


本日、6月22日の個人情報漏洩・保護法違反 みずほ銀行
「みずほフィナンシャルグループ」 8411.T

続いて、6月24日には、大手町ファーストスクエア不正等価交換関連
「NTT 日本電信電話蝓 9432.T


さらに、6月25日の「セコム株式会社」 9735.Tと続く。
セコム株式会社の社外監査役は、超有名弁護士 常松健センセイと共に、公共建物蠡緝充萃役社長、山下耕平氏が名を連ねておられる。


同社リリースでは、社外役員に関する事項として、取締役会・監査役会への出席状況や、次のような活動状況も公開されている。

http://www.secom.co.jp/corporate/ir/release/pdf/2010_tsuchi.pdf
第49回 定時株主総会招集ご通知から、引用


以下、山下耕平社外監査役の活動状況といえば、


「グローバル企業の経営者としての豊富な経験及び見識に基づき、取締役会等の場で、助言・提言を行う他、疑問点等を明らかにするために、適宜質問し、意見を述べております。
なお欠席した取締役会及び監査役会についても、常勤監査役から会議の決議事項などについて説明を受け、内容の把握に努めております。」だそうだ。

ほぅ、なかなか素晴らしいですな。


情報は、いくらあっても邪魔になるものではありません。
個人投資家の皆さまが、さまざまな角度から、さまざまな情報を用いて、御判断されることは、企業の健全な発展に欠かせない要素と考えます。

賢明なる個人投資家の皆さま、
株主総会に、お出かけになる前に、「戸締り確認」と「M子のW告発」のご一読を、ぜひぜひ忘れずに。


スポンサーサイト

  • 2018.06.16 Saturday
  • -
  • 02:22
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode