本日の売国民主党小沢一郎や菅直人に関わるニュース


(時事通信)首相談話「期待に届かず」=文化財返還は評価―韓国各紙


⇒猖秬玄鸛蠅、大韓民国の李明博大統領から「今後、強制徴用と慰安婦問題に対して謝罪要求放棄」を誓約する言質を取った!


・・・・・・というAPニュースを、引用報道したヘラルドトリビューン紙を韓国の民主党が厳重に非難した、というネットのニュースが一昨年くらいにあった。


日本では、韓国側のニュースで「李明博の親日野郎」という報道ばかりクローズアップされて、日本では麻生首相の功績を称える報道はされなかったのでその正否が分らない。


これが真実なら、今回のこの菅談話は、一度韓国側がいらないと言ったものを日本側が「いやいや貰ってください、どうぞ」と言っているようなもので、まさに仙谷由人と菅直人は、「李明博の失敗を挽回した韓国にとっては英雄的な政治家」として、銅像の二つぐらい建つような功績を挙げたといえる。


しかし、恐れ入るのは菅直人がこれから喋るヨタっ話を韓国側が、まず先にチェックして、マスコミからして「誠意が足りない」とか「まあ、いいだろう」なんてことを言っていること。


そして、日本の政府が、もう何十年も前に終った話を蒸し返されて、「では、その他に何を?」とそれに素直に従っていることだ。


謝る必要はないが、謝る姿勢にいちゃもんつけるってことは、「下につくまで手出しは止めない」と言っているのと同じだ。そんなゴロツキ紛いの因縁にホイホイ従う民主党政権の国会議員連中に歳費なんて払ってやる必要はない。

しかし、こいつら、経済発展に結びつくよう、政府が率先してやるべきようなことは、去年の衆院選以来、何ひとつやっていないんじゃないか?

◇◆◇

(産経新聞)【日韓併合首相談話】朝鮮半島文化財の儀典書返還 「適切に対応」と宮内庁


⇒なんで、日本国に所有権があるであろうものを「返還」という言葉を使って韓国に渡すのか?


7月末までの長い歴史で、日本としては朝鮮王室儀軌の返還は検討していないと公式に否定していたのに、8月に入ってからの、この「1週間やそこら」で国賊民主党の国会議員らが、勝手に日本の意向を180度転換してしまった。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode