本日の売国民主党小沢一郎や菅直人に関わるニュース

(産経新聞)【首相談話】「素人集団外交そのもの」ジャーナリスト・櫻井よしこさん

櫻井よしこさんの短い文章で的確な指摘する才能は凄い=菅や仙谷を日本を貶(おとし)めれば相手が喜ぶだろうという独り善がり

(産経新聞)【主張】日韓併合100年 「自虐」談話は歴史歪める

(記事引用)

(産経)
―― 日本の「植民地支配と侵略」を謝罪した平成7年の村山富市首相談話を踏襲したように見えるが、それ以上に踏み込んだ内容だ。菅談話は明治以降の日本の先人たちの努力をほぼ全否定し、韓国の立場だけを述べている。どこの国の首相か疑ってしまう。
 35年間に及ぶ日本の朝鮮統治には、反省すべき点もあるが、鉄道建設や教育の普及など近代化に果たした役割は大きい。朝鮮名を日本式の姓名に変える創氏改名や日本語教育も行ったが、それらは強制されたものではない。
 歴史教科書の記述や学校の授業では、菅談話や村山談話などにこだわらず、日本の朝鮮統治について、事実に即して光と影の部分をバランスよく伝えるべきだ。――

(朝日)
―― 首相談話として初めて、植民地支配について「政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々の意に反して行われた」と位置づけた。「民族の誇りを深く傷付けられた」とも述べ、韓国民の心情に思いを寄せた。共感できる認識だ。私たちも重く受け止めたい。
〜〜〜
 だが、自民党など野党だけでなく与党民主党内にも、談話発表に反対や慎重論があった。「決着済みの補償問題を蒸し返す」などという批判だ。保守系の議員グループは「国民や歴史に対する重大な背信だ」とする声明まで出していた。浅く、また見当違いの見方ではないか。
 これまで、首相談話を出しても、自民党や閣僚の中から、それを否定するような発言が出て、日本の真意はどちらかと、外から不信のまなざしを向けられることが繰り返された。もう、そんなことに終止符を打つべきだ。――

⇒朝日新聞は心底反日思想を守り、戦後日本の経済発展を引っ張ってきた先人達の精神や功績をことごとく踏みにじることが、外から友好的につき合いを得られる最良の方法だと思っているようだ。日本人感覚からすると朝日新聞や菅直人&民主党の日本を貶(おとし)めれば相手が喜ぶ畛彖曚海柔く、見当違いだ。

(時事通信)菅首相が夏休み入り=15日朝まで軽井沢で静養

⇒まず最初にワビを入れときゃ自分は何もされないという自分の行き方を国政にまで反映させた菅直人は、のんきに夏休み中だという。「働かない労働者に怠ける権利を!」と声高に叫んで、貧困層や下級労働者層の票を食ってきた民主党政権の連中らは、いずれ国会議員も9時5時だとかサブロク協定だとか平気で言い出しそうである。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode