本日の売国民主党小沢一郎や菅直人に関わるニュース


(東京新聞)公務員改革 給与カット難航必至 民主PT 労組系議員が反発


⇒公務員のための労働組合自治労がスポンサーについてる民主党に公務員改革など出来るわけないと分ってはいたが、いい訳だけを100も200も並べるのはまともな有権者への愚弄だろう。



  エリート中央官僚はくびにしたら行政運営に支障が出るが、市役所のカウンターの向こうでスリッパでタバコを吸いながら市民の声をアゴにひじついて聞いているだけの遊び半分の地方公務員など問答無用で給料2割カットして、四の五の言ったらクビにしたって国家や地方公共団体の運営にほとんど支障はないだろう。


◇◆◇


(毎日新聞) 機密費『引き継いだ』 政府 一転認める答弁書決定


⇒民主党が腹の中でどういう腐った理屈を考えているのかは知らないが、きっと、旧政府自民党時代から官房機密費はあったんだということを印象付けたいのか?


 しかし重要なのは、


――菅内閣発足後、仙谷氏が六月二十五日と七月二十三日に各一億円を引き出したことも明らかにした。使途については公表していない――


これだろう。


民主党政権になってから明らかに公金支出がシークレットになった。自民党ではマスコミに総叩きされたろう。大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚関連のイベントごとでは誰にいくら流れたのだろう。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode