尖閣諸島、蓮舫の軽口

 この後、代表戦に勝った菅直人が小沢一郎を重要ポストなどに推し、共に日本を改革しようなんていう茶番劇をながながみせられると思うとウンザリする。

 しかし、それよりも、この菅直人率いる内閣のマスコットガール役・蓮舫の、中国人目線の無茶苦茶な「大臣発言」をどうにかすべきではないか?

 尖閣諸島沖で中国船が海上保安庁の巡視船に衝突し犯人らを海保が逮捕、しかし船長一人残して他の領海侵犯犯人は、中国へ送り返してしまった件で、中国が日本の対応を批判している。
 これにまたこのタレント議員蓮舫は、午前中に「(尖閣諸島は)いずれにしても領土問題」等という余計な一言を発し、午後にそれを訂正したそうだ。

 蓮舫の発言が、「日本の大臣レベルでも、尖閣諸島はまだ領土問題が解決していない紛争地域である」と中国が世界に向けて吹聴する為の悪しき材料になることは間違いない。一度、発した言葉は、使いようによって凄いものに化ける。

 自民党政権であれば、国民の感情をダイレクトに反映し、神経質なくらい大臣更迭だとか辞任だとか行われた。蓮舫のような者はもうだいぶ前の時点で更迭されたろう。

 民主党は韓国もしくは中国よりの政治家が多く、スポンサーである同和と韓国民潭と日教組と労働組合だけを相手にしていれば、一般国民の声など聴かなくても票には響かない、よって蓮舫は大した反省すらせず、これからも、軽口を吐くスピードに拍車がかかるだろう。


トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode