やずや ベストアメニティ アニマルワン 原料偽装 (5)

(敬天記者)
 なるほど、まあ、やずや自体、広報宣伝による良品イメージ先行で成り立ってるようなもんでしょうが、こだわりもん工房・・・というかベストアメニティも、えげつないマネをするのですね。
 ところで、私、非常に気になっているのが『1kgのフードに野菜なんか8種類合わせて1gしか入っていない』という話しなんですが、これとか、原材料偽装について、掘り下げて頂けたらありがたいのですが?
 千代社長が騙されたアニマルワン食品偽装配合比の改竄というのはいつどのようにして行われたのでしょう?

やずや・ベストアメニティ・アニマルワン、原料偽装

(チヨペット 千代敬司氏)
 食品偽装及び配合比改ざんのお話ですが、2008年秋に株式会社チヨペット(Chiyo-pet)ブランドのBATSUGUN(アニマルワンに生産をOEM委託)をリニューアルする際に発覚しました。

 簡単に言うと、高価なお肉や野菜などを減らし、安価な米ぬかなどを多く入れていたのです。

 そして、その原材料配合比改ざんを認めた人のうちの一人に、杉本と言う元こだわりもん工房(やずや・ベストアメニティ・アニマルワングループ傘下のペット工場)の工場長がいます。

 偽装体制のこだわりもん工房が嫌になり、使われている野菜にも不信を抱き、仕入れを行っている内部の人間より使用野菜のトレーサビリティ(※)を記載した書類を手に入れたのです。
(※トレーサビリティとは、対象とするペット原料の野菜などの生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能な「流通履歴」のこと。10数年近く前から、「O157」や、遺伝子組み換え作物や、食品アレルギー、狂牛病問題、偽装表示、産地偽装問題などの食品偽装事件発生に伴って、食品の安全性や、消費者の選択権に対する関心が高まり、企業にはこのトレーサビリティの明確化が求められるようになった)

 その書類により、こだわりもん工房の使用野菜が、ベストアメニティ=こだわりもん工房が「公言」していた、良質の国産野菜ではなく、「海外産」のもの、だったと言うことがわかりました。

 この事は、2008・9月13日 AM9時過ぎに、ベストアベニティの内田より、謝罪の電話が私の携帯にあった時に、本人もこの偽装も認めました。
 当然、配合比改ざん及び隠蔽についても全面的に認めました。

 ただ、商品は「ハヤシ食品」と言うところから仕入れていたのですが、その商品がどこの商品なのかは知らなかったです。


コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode