やずや ベストアメニティ アニマルワン 原料偽装 (8)

 2008年 9月8日に、螢▲縫泪襦Ε錺、代表取締役菰方順子と、ベストアメニティ大阪支店の担当者 藤井、所長の石橋と、蠅海世錣蠅發鷙房(ペットフード工場)の工場長杉本、の4人から慰謝のための訪問を受けた原材料偽装のチヨペット千代敬司氏。

やずや・ベストアメニティ・アニマルワン、原料偽装

 ベストアメニティやこだわりもん工房の連中は委託を受けたペットフードの原材料偽装を認めた。しかし、螢▲縫泪襦Ε錺鷂嵎がかたくなに偽装を否定し、言うに事欠いて千代社長に「刑事でもない貴方に何故そこまで尋問されないといけないのですか!」と逆切れ。

 これ、コトバ尻をとらえるなら、「刑事だったら素直に偽装を認め詐欺罪に服するのかコラ!」と言いたくなるような、アニマル・ワン菰方の失言である。しかし、千代社長は怒っていたので、アニマル・ワン菰方をその会見の場から追い返した。そりゃそうだろう。

 その後、残ったベストアメニティ、こだわりもん工房の連中から原材料偽装の言質を取ると、翌日からこのやずやペットフード軍団が大きく動いた。

 翌々日の9月10日。

 ベストアメニティ本社の常務「須田」と、石橋所長が来社して、配合比改ざん及び、隠蔽工作の事を話した。

 9月12日、チヨペット千代敬司氏に対し、ゴタクを並べて退席されられたアニマル・ワン菰方より自筆の手紙が届いた。

 しかし、その手紙には、今回のペットフード原材料偽装に対する謝罪がなく、9月8日に来社した際、チヨペット千代敬司氏に対しての言葉遣いに対して、失礼があった、申し訳なかった、と言う本題とずれたものだった。

 こんな手紙をもらっても、怒りの収まらないチヨペット千代敬司氏は9月16日にベストアメニティおよびアニマルワンの本社のある久留米に行く事に決めた。

 ちょうどベストアメニティ須田常務から、『昨日は大変菰方が失礼なことを言ってしまって申し訳ございませんでした』と電話があったので、チヨペット千代氏は、菰方の口から本題のフード原材料偽装の謝罪がないので話にならない、16日に本社に行くと伝えた。


コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode