やずや ベストアメニティ アニマルワン 原料偽装(9)


 「2008年9月8日」、アニマル・ワン、代表取締役菰方順子と、ベストアメニティ蠡膾綮拇垢涼甘者 藤井、所長の石橋と、こだわりもん工房(ペットフード工場)の工場長杉本、の4人から慰謝のための訪問を受けたチヨペット 千代敬司氏。

 ベストアメニティの藤井・石橋、こだわりもん工房の杉本からは原材料偽装を認めた上での謝罪を受けるもアニマル・ワンの菰方順子が頑なに偽装を否定し、逆切れしたため、千代氏は、菰方は追い出し、残ったベストアメニティ、こだわりもん工房の連中から原材料偽装の言質を取った。
「9月11日」には、石橋所長と連れ立って訪れてきたベストアメニティ本社の常務「須田」からも原材料偽装の謝罪を受けた。


 ここまで関係者がおろおろするのは、このフード原材料偽装・配合比改ざんの余波が、グループ本体である「やずや」に襲来するのを恐れたからに他ならない。
 やずやといえば「雪待にんにく卵黄」「熟成やずやの香醋」「発芽十六穀米」などとテレビCMで膨大に宣伝し、CMナレーションで大滝秀治を使って、健全な健康食品メーカーのイメージを売りにている食品通販会社の今や大手。
 まさかフード原材料偽装・配合比改ざん・食品産地偽装などやっているような会社には消費者に見られていない。
 偽装犯罪の追及の手をやずやにまで伸ばさせてはいけない、子会社連中なら当然そう考えるだろう。


 チヨペット 千代敬司氏は「9月12日」にアニマルワン菰方から謝罪の手紙を受け取った。また、同日、ベストアメニティ須田常務から、『昨日は大変菰方が失礼なことを言ってしまって申し訳ございませんでした』と電話があった。しかし千代社長は「菰方の口からフード原材料偽装の謝罪がないので話にならない」と一蹴した。


 すると、アニマル・ワン、代表取締役菰方順子より、夕方ごろにチヨペット千代社長の携帯に電話が入った。
 始めは案の定、フード原材料偽装・配合比改ざんの事実を認めなかったそうだ。


 しかし、話しているうちに菰方順子は泣き始めた。泣きながら、今回のフード原材料偽装・配合比改ざんの事実を全面的に認めはじめた。
 また『フード原材料偽装・配合比改ざんは、自分一人で行った事でベストアメニティ本社の内田氏は無関係です』と号泣しながら言ったそうだ。


 しかし、千代社長は謝罪されても16日に九州本社に行く気持ちは変わらなかった。


 なぜなら、このフード原材料偽装・配合比改ざんの事実に加え、もう一つの信じられない事実が浮き上がってきたからだった。
 それは、使用している『野菜の産地が偽装されている』と言う衝撃的な事実だった。


 契約時には8種類使われている野菜を、種類別で産地を教えてもらい、それは螢▲縫泪襦Ε錺鵑離曄璽爛據璽犬砲盖載されていた。
 全て、国産だと堂々と公言していた。


 使用している野菜はすべて外国産だった。


やずや・ベストアメニティ・アニマルワン、原料偽装


コメント
こんな事は絶対にあってはいけない事です!
もっと悪事を天に代わって裁いて下さい。やずやは本当に宣伝も凄いし毎日口にするものなので不安です!
  • 正義
  • 2010/10/21 9:53 PM
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode