埼玉県自動車販売店協会ゴルフ賭博(2)

 埼玉県の自動車販売業者からなる『埼玉県自動車販売店協会(〒331-0077 埼玉県さいたま市西区大字中釘2255番地)』。

 この埼玉県自動車販売店協会(埼自販)は、昭和34年に設立された自動車ディーラーの全国組織である社団法人日本自動車販売協会連合会(略称 自販連)の埼玉県支部であり、埼玉県内の自動車販売業の健全な発展に資すると共に会員相互の親睦を図ることを目的とし、会員らの親睦のために「ゴルフコンペ」などを催している。このゴルフコンペで実際にはゴルフ賭博が行われているそうである。

 この画像(クリックで拡大)は「埼自販創立60周年記念社長会親睦ゴルフ会」における参加者の出走票である。

埼玉県自動車販売店協会ゴルフ賭博、トヨタ、ホンダ、日産、スズキ

(敬天記者)
 この書類はいわゆる出走表というものですね。トヨタ、ホンダ、日産、スズキ、他にも自動車販売周辺業者が名前を連ねていますね。このゴルフ賭博、時は大関琴光喜関らをめぐる野球賭博問題で、暴力団も絡んだ恐喝事件にまで発展し、角界が揺れていた頃ですよね。

 Aさんが懸念されているように、この『埼自販60周年記念ゴルフ賭博会』の参加者連中にはコンプライアンスの遵守意識というものが欠落しているように思えます。
 もう2年前になりますが17人が死傷した東京・秋葉原無差別殺傷事件が起きて以降、自動車業界は派遣切りなどの問題で未だ改善されない労働者問題などに配慮して、正社員はおろか、幹部社員らも派手な生活は自粛するよう務めていたように見えたんですがね。けっこう、豪華に遊んでいるのですね。

 これら問題に関して、埼玉県自動車販売店協会本部や自動車会社自身は、どのような問題意識を持っているのでしょう?

 

(Aさん)
 秋葉原の事件も加害者は自動車製造に従事していましたし、その後、広島でも同様の事件が発生しましたね。
 自動車産業は日本の基幹産業であり、裾野が広い分だけ影の部分も多いことを実感します。だから、企業のトップの方々には時代感覚を常に鋭く持っていて欲しいですね。

 さて、書類を拾い上げた後、自動車産業について興味が沸き、いろいろ調べました。同じメーカーの看板を掲げていてもフランチャイズタイプの経営と、メーカーがほぼ直営するタイプの二つに分かれるようです。
 因みに、前段のコンペ表の中にある整備工場の様な名前の会社も、しっかりメーカーの看板を背負っている責任ある自動車ディーラーです。

 埼自販本部や自動車会社自身の問題意識の本音は分りません。しかし、下調べをした上で下記のメールを協会本部とメーカーのお客様窓口に概ね以下のような質問をしました。これに対する、回答結果が、すべて物語っているのじゃないかと思いました。

(質問文書)

拝啓、御社の正規販売会社の件です。

 先日の6月4日、埼玉県熊谷市内の○○○○で埼玉県自動車販売店協会という所が主催と思われるゴルフコンペの組合せ表、実施要領、お楽しみ投票券、出走表などが捨てられているのを拾いました。

 御社販売会社の社長様の名前も載っております。
○○自動車 ○○社長様
○○自動車販売 ○○社長様

「お楽しみ投票券」には、スコアの1位と2位を当てろと書いてあり明らかにゴルフ賭博の疑いがあります。

 減税や助成金の効果で自動車業界は復帰傾向にあると耳にしますが、国策によって利益を得ている状態にも関わらず、この様な事態が許されますか?
 ゴルフに多少の賭けは付物と私も思いますが、用意周到過ぎで「遊び」の域を超えています。メーカーとして、この様な自体を把握していますか?以上の事柄は事実ですか?
 事実であれば、公表し謝罪の必要はありませんか?
 胴元は誰でしょうか?以上、調査等を強く望みます。また、誠実な対応をされない場合は、関係各官庁やマスコミへの報告も辞さないつもりです。以上、一週間以内にメールでのご回答お願いします。

 その後、協会本部とメーカーからそれぞれ返答はありましたが、口裏を合わせた様な感じで、やっぱり、どこかで繋がっているのだと感じました。一昔前言われた「護送船団方式」とでもいうのでしょうかね?


スポンサーサイト

  • 2018.08.13 Monday
  • -
  • 17:32
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode