市川海老蔵ノックアウト事件終焉

昨日、西麻布で酒に酔い【喧嘩】をして世間を騒がせた市川海老蔵さんが日本の暴力団対策最強と呼ばれる弁護士【深澤直之氏】を同席して記者会見を開いた。

この事件は示談が成立したが、マスコミの知らない事実がある。

関東連合側の知人である人物が市川海老蔵さん側に接触し水面下で示談の取りまとめをしたのである。

この事は多分一生表に出る事はないだろうが市川海老蔵さん側には二度とはない運の良さであった筈である。

当初、知人【石本太一氏】の知人【伊藤リオン氏】に殴られたと警視庁に話した市川海老蔵さんはこの事実をもみ消し【石本太一氏】を初めて会った人物だと言った事や複数に殴られ気がすると言ったウソまでも闇に葬り、会見をした市川海老蔵さんに対して水面下で動いた人物がいた事は市川海老蔵さんの運の強さだ。

筆者は市川海老蔵さんが今後再出発をすると言う言葉を信じ追求を一度止めるが、元Jリーガー古山氏や事件ビル九階のルーレットのある部屋についてはこれからも追求していきたい!

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode