チヨペット千代敬司氏の食品偽装告発の事実検証(001)

株式会社チヨペット 千代敬司社長からのメール


(2010年10月13日 18:36)


――2008年秋に弊社ブランドのBATSUGUNをリニューアルする際に発覚しました。
簡単に言うと、高価なお肉や野菜などを減らし、安価な米ぬかなどを多く入れていたのです。そして、その事の改ざんを認めた人の内の一人に、杉本と言う元こだわりもん工房(ペット工場)の工場長が、偽装体制の会社が嫌になり、使われている野菜にも不信をいだき、仕入れを行っている内分の人間より使用野菜のトレサビを記載した書類を手に入れたのです。そこで、使用野菜が海外産だと言うことがわかりました。――



千代社長の言う偽装の根拠


 これを読むと、チヨペット千代社長は、あくまで高級野菜や肉を使用していると騙されて、安価な米ぬか原料を野菜や肉だと偽装され、欺罔(ぎもう)され錯誤に陥れられ、騙され続けていたことになる。それなら詐欺だ。しかし、不思議なことに千代社長は警察に届けていなかった?警察も動かない。 さて、なぜだろう?


この、


「内分の人間より使用野菜のトレサビを記載した書類」


つまり、


悪の軍団ベストアメニティが米ぬかを肉や野菜と偽装した証拠として、普段は気の弱い杉本工場長が、決死の覚悟でパクってきて、師と仰ぐ正義の味方・チヨペット 千代社長に託した書類―勿論、『男・千代敬司』氏がベストらの悪徳を世に公表してくれることを願って・・・


という決定的証拠(恥)の書類が、前回(1月6日、『ベストアメニティ・アニマルワンへの恐喝』)も記したが(ほんと、恥ずかしながら)↓これ↓である。



20101220chiyo.png




無実のアニマルワンへ食材偽装の誹謗中傷の限り…その唯一の「ネタ」



 証拠・・・・ではなく、誰もがこのハヤシ食品とかいうところに見積もりか何かを頼めば手に入れられる紙っ切れだ。(筆者でさえ、業者のふりして、こだま食品に「オーダーしたいから産地証明ください」と言えば手に入るだろう)


 どこにもベストアメニティやこだわりもん工房の名前がない。


 千代社長いわく、「ベストアメニティ内分の人間より使用野菜のトレサビを記載した書類」ということ。


 そして、食品偽装ややずやの闇の圧力の被害者(弱者)として、ウチに泣きついて頼ってきた赤の他人の千代社長の、溢れんばかりの「やずやグループの悪徳談話証拠は山ほどあると自称…(苦笑) )」を元に、



我々が、

延々と

アニマルワンに対し、「根拠のない言いがかり」をつけてきたネタが、(なんか怪しい怪しいと思って、昨年末、ツッコミを入れてみりゃ)この紙切れ一枚である。

(下手したら、この「インネン」の紙切れを犁霏膺品通販企業集団の犯した大犯罪の、まだ見ぬ証拠瓩抜違いしたまま、今年になっても無実のアニマルワンにデタラメの誹謗中傷をしていたかも知れない。…シャレにならない)



=追 伸=


 一昨日、このシリーズ名を「ベストアメニティ・アニマルワンへの恐喝」と記したが、改題する。


 昨日、当紙宛に千代社長より「自分は、絶対に恐喝はしていません」というメールを丁寧な形で頂いた。


 千代社長は勘違いしてるな?と思う。


 一昨日のタイトルの「恐喝」の主体は、この敬天ブログ「不正疑惑内部告発」上で、アニマルワンをどこかの誰かからの事実無根の情報で「恐喝まがい」に中傷していた「当紙」である。


 千代氏うまいこと当紙を泣きの演技で踊らせ、自分は影に隠れ何もしていないじゃないか?


 事実であれば、何があっても徹底的に糾弾を続けるが、途中で根も葉もない話だと悟り、「自戒の意味」で、「ベストアメニティ・アニマルワンへの恐喝」としたのだ。


 しかし、被害妄想の気があるのか、後ろめたいところがあるのか「恐喝者呼ばわりされたくない」と思っているらしいから改題。


チヨペット千代敬司氏の食品偽装告発の事実検証(000)」とする。


本日は、「チヨペット千代敬司氏の食品偽装告発の事実検証(001)」である。


スポンサーサイト

  • 2018.09.13 Thursday
  • -
  • 20:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント








   
トラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode