「沼山光洋さんを追悼し感謝する集ひ」令和元年6月23日

「沼山光洋さんを追悼し感謝する集ひ」

令和元年6月23日


(クリック)







令和元年6月23日、靖国会館にて『沼山光洋さんを追悼し感謝する集ひ』がしめやかに営まれ、会場には入りきれないほどたくさんの人が集いました。


友人一同を代表して荒岩宏奨様より『沼山光洋さんの志操と行動について』詳しくお話がありました。沼山さんは靖国会の事務局長として知られていますが、その靖国会という組織の始まりについて先ず説明がなされました。

昭和35年に起きた山口二矢烈士による
社会党の浅沼稲次郎党首刺殺事件に衝撃を受けた塙三郎先生が、
「日本の再建は天皇と国民が一体となることが大切である」、「その軸と成るのは、陛下も御神拝あそばされ、国民も参拝する靖国神社のほかにない」という思いから、8月15日に特別参拝を挙行すべきだということを神社側に申しつたえたところ、当時の神社側は8月15日は英霊の最も悲しい日であるから、そういうことはいたしませんと返答されたそうです。
しかし、「最も悲しむ日だからこそ、その日に国民が英霊の前で日本の再生を誓わなければならないのだ」ということを再度申し入れたところ、理解を得られて昭和36年8月15日に第一会靖国忠霊祭が行われる運びとなったのだそうです。その忠霊祭という言葉を意識して、沼山さんは靖国神社の御霊を「英霊」とは呼ばず、天皇陛下に忠義を尽くした英霊であることから「忠霊」であると呼んでいたそうです。

詳細は靖国会のホームページに以下の通り記されています。
『編∃鬚諒發漾騒編∃鬚蓮⊂赦損綾集淒十月浅沼稲次郎社会党党首刺殺事件に衝撃を受けた塙三郎先生が「日本の再建は天皇と国民が一体になる事だ。その軸心になるのは編⊃声劼里曚はあり得ない。陛下も編⊃声劼鮓羯嫁劼砲覆蕕譴襦9駝韻醗貘里砲覆襪里蓮英霊の祭られている編⊃声劼里曚は絶対にない。」と水戸愛郷塾橘孝三郎の友人山本健介老に協力を得、編∋嫁匆颪鬚弔ろうとなった。二人は徳川義親公をたずね参拝会の中心人物になって貰うことを約した。さらに今村均元大将に会い一も二も無く賛成を頂いた。他にも元海軍大将高橋三吉氏や元将官たちが加わり参拝会が発足した。その後八月十五日の終戦の日には、特別の参拝をすることを全会一致でやることにし、編⊃声劼痢崔單栂蛭権宮司に相談したところ「八月十五日は、英霊の最も悲しむ日であるから神社としてはやらない」との返事であった。再度権宮司に面談し「英霊の最も悲しむ日であるからこそ、私達国民は、英霊の前で日本の再建をお誓いせねばならないと思う。」という理由を訴えたところついに神社は、「皆さんが御希望であるならば、やってもよい。」と神社から許しを頂いた。翌昭和三十六年八月十五日第一回編忠霊祭が二十名ぐらいの参加者で執り行われた。徳川義親公を総代に今村均元大将が副総代に、山本健介老が事務局長、塙三郎副事務局長体制が発足した。』

靖国会の創設者である塙三郎先生は、水戸愛郷塾・橘孝三郎門下生であり、五・一五事件では田端変電所を襲撃しているそうです。また橘孝三郎娘婿でもあるそうです。

沼山さんは、その橘孝三郎先生の門下である愛郷塾の大嶋幹男先生との出会いから現在に至る保守本流の活動に邁進してこられたのだそうです。橘孝三郎先生の孫弟子であることから、橘孝三郎先生の愛郷精神「土とま心」という言葉を意識して、至る所で『まごころ』という言葉を大切に用いていたそうです。

沼山さんは天皇陛下の靖国神社への御神拝を並々ならぬ思いで祈念し、その環境を平成の御代に整えようと誠心誠意をもって活動されておりましたが、5月11日に自決されました。

遺言を踏まえ、決して皆さんに誤解して欲しくないこととして、3点ほど憶えてほしいと以下のことが伝えられました。


1、これは自殺ではなく自決であること。

2、天皇陛下の御神拝を祈願し全国の護国神社を巡拝した際、御祭神に命を懸けるとお誓い申していたこと。

3、決して陛下への諫言ではなく、御神拝の実現を整えることが出来なかったことへのお詫びであること。

その思いは、『新時代令和を迎えて』と題された遺言と思われる手記に込められているのでぜひ目を通していただきたいです。

御来賓の先生より追悼のご挨拶があり、沼山さんの人となりが語られました。

  


 
田母神俊雄先生は、靖国会の事務局長を長年務めてくれていた沼山さんが靖国神社前の道路上で割腹自決を遂げたことについて、「彼は日本国民の愛国心が足りなくて天皇陛下の靖国御親拝の環境が整わないことは天皇陛下に申し訳ないといつも言っていた。国民の中には私の発言に対して、自殺を奨励するのかといった軽薄なことを言ってくる人もいるが、全くの間違いだ。このままでは日本は転落してしまうということを、彼は命を懸けて国民に警鐘を鳴らしてくれた。命を懸けてこの国と国民を守ろうという崇高な精神を持つ立派なだったんだ。」とその思いを語られました。


【追記】
沼山さんの盟友で沼山さんが信頼を寄せておりました三澤浩一先生が、沼山さんの自決から三日後に気持ちを伝えるべく各位に宛てたメールがあります。ぜひ読んでいただきたく、勝手ながら転載させていただきました。
沼山さんに戴いた真心に  感謝を込めて御冥福をお祈り申し上げます



 

 



 








 

禊祓厳修会の集い・小山市街頭演説会/令和元年6月1日(土)

禊祓厳修会の集い・小山市街頭演説会

令和元年 6月1日(土)

令和に成って、ちょうど一ヶ月と成る6月1日、栃木県小山市駅頭にて「禊祓厳修会」の主催による街頭演説会が行われました。この演説会は毎年定期的に行われています。平成31年3月16日に続き、司山会 楠 誠 会長にお誘い頂き、弊社も参加させて頂きました。我が国が敗戦の歴史を刻んだ昭和という時代が、遥か遠い昔のように成りつつある中、戦勝国の主導の下に行われてきた戦後教育の弊害により、先人たちの崇高な精神が忘れ去られようとしています。先人たちは、命を懸けて日本の明るい未来を後世に託しました。
しかし乍ら、今日も昨日も一昨日も、親族間の殺人事件や、自暴自棄の者による無差別殺傷事件といった凄惨な事件が相次いで起きています。私たちの活動の意義と必要性が益々増しているのではないかと感じ得ずにはいられません。国体護持、国家主権、家族の絆、環境破壊、道徳の荒廃、我が国が抱える諸問題を様々な視点で訴えました。


 



 

 

















 

社会の不条理を糾す会/新宿 (令和元年5月18日)

社会の不条理を糾す会

令和元年5月18日(土)

新宿駅西口


令和元年5月18日(土)新宿駅西口前にて「社会の不条理を糾す会」主催による定例街頭演説会が行われました。御代替わりから半月が過ぎ、令和初の街頭演説会となりました。

この時代の節目に際し、改めて戦後日本が歩んできた道のりを振り返ると共に、新たな御代に伝統文化の継承と日本人としての誇りを、どのようにして後世に伝えていくのか? 世に蔓延る不条理を各弁士が問題提起し、訴えました。
 
 

 



 

 

 



 

 














クリック


 

令和元年 五一五奉納演武『武魂継承祭』

令和元年

五一五奉納演武『武魂継承祭』



 
 令和元年五月十五日、初夏を思わせる晴天の下、靖国神社能楽堂にて、恒例の五一五奉納演武『武魂継承祭』が行われました。

この奉納演武は、今から八十七年前の昭和七年五月十五日に起きた五一五事件の意義を継承し、歴史を風化させない為、事件で犠牲になられた犬養毅命・田中五郎命・事件に携わられた青年将校・陸士候補生・民間の方々全ての御霊を案じると共に、区々たる一身を顧みず世直しに起ちあがった五一五烈士、祖国の永劫を祈りつつ戦陣に斃れられた二百四十六万六千余柱英霊の御霊に、感謝のまごころを籠めて鍛錬の成果を奉納するため、大地社 水谷浩樹代表と志を共にする武道家達によって毎年執り行なわれている崇高な催しです。

五一五事件は、塗炭の苦しみをなめる農民・労働者を憂い、政権党利に盲ひたる政党と之に結託して、民衆の膏血を搾る財閥に対し、檄文「日本国民に檄す」に見る主張のもと、五一五烈士が昭和維新を念願し決行した事件です。


国歌斉唱



 



 




大地社 水谷浩樹代表

 



 

 





 



 

 



 



 





 



 

 





 







 



 



 

 






 

令和元年5月4日一般参賀と新帝御即位記念「日本の国体を守る会講演会」


令和元年5月4日一般参賀

新帝御即位記念「日本の国体を守る会」
講演会

天皇陛下の即位を祝う一般参賀が4日、皇居にて行われました。新帝陛下が初めて国民の前に御出ましに成られることから、約14万1千人が訪れたということです。
 

これまでの一般参賀よりも、一時間早く家を出発して皇居にやってきましたが、予想を遥かに上回る人たちが既に並んでおりました。弊社の地元である戸田市の人口は約13万9千人です。映画「飛んで〜」で何かと話題に成っているda埼玉に属する戸田ですが、東京都と隣接しており財政も安定していることから、住みやすさランキングで上位に入ったこともあるので、近年は都内で働く人たちのベットタウンとして栄え、人口の増加が著しい市であります。





その戸田市の人口を上回る14万人が皇居に訪れたというのですから、改めて天皇陛下を中心とした日本の国柄を深く実感いたしましたと同時に、この日本に生を受けたことに感謝感激いたしました。
 

何日も前から反対の声を掲げる集会があるとの情報もありましたが、この時期にそんな声を挙げている人達の姿は、大方の国民から奇人変人として目に映ったことでしょう。学校に侵入し刃物を置いて、殺意を仄めかすような輩もいるくらいですからね。


 
この日の午後、新帝陛下の御即位を記念致しまして

「日本の国体を守る会講演会」が催されました。
 



実行委員長 犬塚博英先生


実行委員 鈴木誠厳先生

 

  


 
講師として政治評論家の山本峯章先生が登壇し、「皇室をめぐる問題について」をテーマに、近ごろ週刊誌でも取り沙汰されている皇位継承問題などについてお話をされました。
 

政治評論家 山本峯章先生



山本先生は、皇位継承は万世一系の男系男子に限ると強く訴えます。

 

 


 
山本峯章先生は、保守を右翼と呼ぶ世間の風潮が誤りであることを理路整然と正しました。

保守と右翼が混同されている。好例が『安倍政権は右翼』というレッテルである。もともと右翼や左翼という言葉は、フランス革命当時、王党派が議会の右側、革命派(ジロンド派)が左側に座ったことに由来している。したがって、保守の安倍首相が右翼なのはあたり前だが、日本では、右翼という言葉が左翼陣営やリベラル派の間で、悪の代名詞として用いられている。ファシズムや好戦主義者の代名詞に成っているのである。西洋の右翼は、日本の保守もしくは与党で、政治勢力である。
 一方、日本でいう右翼は、国体の防人で、文化の概念である。ヨーロッパに日本でいう右翼(天皇主義)が存在しないのは、国体が失われているからで、国連安保常任理事国(米・英・仏・露・中)はみな革命国家である。伝統(権威)と武力(権力)が一体化していた古代国家(王国)が消滅したのは権威と権力が一元化されていたからである。革命とは権力による権威の否定にほかならない。
 日本に国体が残っているのは権威と権力が両立していたからで、先進国の中で唯一、日本は革命を経験していない伝統国家なのである。
 かつてクニは、神話や素朴な宗教心、習俗などの文化概念によってみずからを統一した祭祀共同体で、邪馬台国(大和朝廷)の女王卑弥呼は、軍事力ではなく祈祷でクニを治めた巫女だった。現在の日本は、大和朝廷と歴史的連続性を有しており、天皇は大和朝廷を建てた神武天皇の男系子孫(万世一系)である。日本が伝統国家として、世界から尊敬をうけているのは、国体という歴史の財産が残っているのみならず、現体制をささえているからで、その象徴が天皇である。
 自民党に求められているのは、革命国家の保守主義(カンサバティブ)ではなく、伝統国家の国体の思想で、日本の保守党には、国体の防人としての使命も課せられている。
 右翼の本質は、防人で、歴史や文化、風土、習俗などの伝統文化の守護者としてふるまうこと。勇を奮ってまもらなければならないのは伝統が無防備だからで、右翼がまもるべきは、物質的な価値や権力ではなく、精神性や無形の文化である国体なのである。

とした上で、

たとえ少数派であっても
右翼の本懐は国体の護持であり、伝統破壊を目的とする反日攻撃の防波堤となるのが国体の防人たる右翼=民族派であるのだから、頑張って欲しいと檄を飛ばしました。

※以上の山本峯章先生の持論は月刊ベルダ(2016年5月号)の特別寄稿に詳しく掲載されています。


 


最後に、岡崎守成先生(日本旭友会代表)による教育勅語の朗読が行われました。



 


 

 

大日本一誠会創立五十周年記念・祝宴(平成三十一年)

大日本一誠会創立五十周年記念・祝宴

(平成三十一年)









 

 



 



 



 

 



 

 



 

 



 

 

 




 



大日本一誠会の皆様
 
創立五十周年おめでとう御座います

益々のご隆盛とご健勝を心から御祈念申し上げます



click!
 

社会の不条理を糾す会/新宿 (平成31年4月27日)

社会の不条理を糾す会

平成31年4月27日(土)

新宿駅西口


平成31年4月27日(土)新宿駅西口前にて「社会の不条理を糾す会」主催による定例街頭演説会が行われました。御代替わりまであと四日。時代の大きな節目に差し掛かり、これまでの日本を振り返ると同時に、新たな時代をどのように生き、どの様に築いていくのか、各弁士が思いの丈をうったえました。毎月第3土曜日に行う定例の演説会ですが、今回は統一地方選挙があったので、第4土曜日に行う運びとなりました。
 

 
 

 

 




 

 
















click!

 



 


西郷南洲会・西郷南洲翁銅像清洗式/平成31年4月21日(日)上野恩賜公園

平成31年4月21日(日)上野恩賜公園

西郷南洲会・西郷南洲翁銅像清洗式

 
平成31年4月21日(日)、上野恩賜公園にて西郷南洲会(早瀬内海理事長)主催による「西郷南洲翁銅像清洗式」が行われました。



国民儀礼

 
 

 

祭 儀




 

 

 





 

 



 

 




 

 




 


開会


西郷南洲会の早瀬内海理事長

 

西郷南洲会の早瀬内海理事長は、清水前会長より任務を引継いでから11年になるそうで、南洲精神を自ずと学び、一人でも多くの人に伝えていくことを目的とし、南洲精神によってこの乱れた世を直すことを強く望み、活動を続けてこられたそうです。南洲翁遺訓である「人をもって城と成すが如し」という言葉に習い、人々が助け合い、一丸となって国を守ることの大切さを語られました。


祝 辞


四宮政治文化研究所 所長 四宮正貴先生

四宮正貴先生は歴史を紐解き、西欧列強による日本侵略の危機を乗り越えられたのは、水戸学、吉田松陰、大西郷の精神であるとし、中でも大西郷の偉大な精神は、沖永良部島に流罪となったときに詠んだ「獄中に感有り」と題する、

『生死何ぞ疑わん 天の附与なるを 願わくば魂魄を留めて皇城を護らん』にあり、

ここに例え自分の身がどうなろうとも、魂はこの世に留めて皇室(天皇國と日本國)を守るんだという大西郷の根本精神が要約されていることや、

『王(=天皇)を尊び民を憫(あわれ)れむは学問の本旨』

といった大西郷精神を、新しい御代を迎えるにあたり、私たちが広めていくことの大切さを語られました。

 


葛飾区議会議員 鈴木信行先生
 
鈴木信行先生は、この四月に新しい大学生を対象に行われたアンケートで、49.6%が公務員を志向しているという結果を例に挙げ、これは現代の若者が安定志向であるというよりは、将来を見据えた時に不安定であると感じていることが要因はないか? と指摘し、

そのうえで、大西郷の遺訓『人智を開発するとは 愛国忠孝の心を開くなり』

とあるように「忠孝」を間違えない限り、教育に於いて若者が道筋を大きく外すことは無いのではないか、又このことは教育勅語の「古今に通じて あやまらず 之を中外に施してもとらず」という教えにも続くものであると、先人の説いた教えから未来を担う若者達の心持の大切さを語られました。

また、大西郷が幕府に追われた月照と錦江湾で入水自殺を図り、結果として一人生き残ったが、果たして友人や仲間であり同志の為に、命をも捨てるということが自分に出来るだろうかと問い、命よりも守るべきものがあるという大西郷の「至上の価値がある」という遺訓は、人生の指針として生かしていきたいという思いを語られました。


 
國の子評論社 代表 横山孝平先生
 
横山孝平先生は、御代替わりという大きな節目に生かされていることを実感しており、伝統文化の原点に学ばなければならないとの考えを示しました。父が鹿児島で母が水戸の出身であることから、薩摩の西郷隆盛先生や水戸の藤田東湖先生の事績に、ことあるごとに立ち返らねばいけないという思いに至るそうです。西郷先生も藤田先生も、第一義として尊皇があり、その政治観や人生観というものに学ばせていただいていること、そして「事績を振り返り、我が人生を見つめ直す」という思いについて語られました。

西郷先生は、先輩として藤田東湖、同輩として橋本左内を尊敬すると申し残されており、年齢の上下ではなくて、人物として人を尊敬することが出来るということを示されていることから、「人物を求めて学び、そしてまた人物を育てていく」ということを、私たちが担っていかなければならないとの思いと、来るべく御代に私たちが成すべきことを真剣に考えることの大切さを語られました。


西郷隆盛公奉賛会・西郷隆文理事長の祝辞を代読する下山陽太氏
 
西郷隆盛のひ孫である西郷隆文理事長は所用につき出席が叶いませんでしたがご挨拶の御言葉が代読がされました。
〜歴史に残る未曽有の災害が我国において多く発生していることから、日本人の真価が問われているような気がします。
いまこそ古き良き精神文化を改めて自覚し、和の心を持ち、私心を捨てて、思いやりと感謝の気持ちをもって、日本の将来の為に全身全霊で前進しなければならないと思います。曾祖父である西郷南洲から学び取った多くの教訓を心に深く刻み、過去を謙虚に振り返り、世界の恒久の平和と、希望に満ち溢れ心豊かに暮らせる社会の実現のため全力を尽くし、平和で豊かな日本を次の世代に引き継ぐことが、先人の方々に報いることだと確信しています。そのためにも歴史の中にある多く教訓に学ばなければならない〜
とのお言葉を寄せられておりました。

※以上の祝辞は弊紙記者が先生方のお話を聞いて、内容を掻い摘んで書いたものです。至らぬ点はご容赦ください。

 

 

 

 



奉納行事 




 
晴天の下、勇ましい和太鼓と威勢のよい神輿の掛け声が公園一帯に響き渡ると、瞬く間に多くの観光客が集まってきました。

 
 




謝辞


西郷南洲会・菅原俊一事務局長より、本日の式典が滞りなく開催できたことへの感謝の意が述べられました。
 

記念撮影会














 


 

『幾たびか辛酸を歴て志始めて堅し
 

丈夫は玉砕すとも甎全を恥ず』

──西郷南洲遺訓 

 (訳)

人の志、信念というものは、幾度も幾度もつらいことや苦しい目にあってのち、はじめて固まり定まる。真の男子たるものは、玉となって砕けることを本懐とし、志を曲げて、つまらない瓦のようにいたずらに生きながらえることを恥とする。
 




『敬天愛人』

お疲れさまでした。


 

【お知らせ】平成31年4月21日(日)西郷南洲翁銅像清洗式の御案内

【お知らせ】平成31年4月21日(日)上野恩賜公園

西郷南洲翁銅像清洗式の御案内




画像クリック




(平成30年4月22日撮影)

【尋ね人】だ〜れ?(平成31年4月9日(火)14時42分)

【尋ね人】平成31年4月9日(火)14時42分

だ〜れ?

心当たりのある方は、御一報ください。












 


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode