悪徳貧困ビジネス和合秀典Ω判編

悪徳貧困ビジネス和合秀典

公判で明かされた真実・その1


和合秀典氏所得税法違反初公判(1)

―――― 和合初公判 1 ――――

和合初公判 2015/5/25

「和合秀典です。昭和16年10月27日」

起訴状では会社役員でしたが、今は無職ですか?

「はい」

・検察官の起訴状朗読

「公訴事実、被告人は埼玉県戸田市早瀬2丁目23番9号等において、生活困窮者を対象にした低額宿泊施設運営事業を営んでいたものであるが、自己の所得税を免れようと企て、売上金を他人名義の預金口座に入金するなどの方法により所得を取得した上、

第一、平成21年分の実際総所得金額が7千4百83万5千640円であったにも関わらず、平成22年3月17日同県川口市西川口4丁目6番18号西川口税務署において、同税務署長に対し、総所得金額が158万4千700円で、それに対する所得税額が4万600円である旨の虚偽の所得税確定申告書を提出し、そのまま法廷納付期限をさせて、もって不正の行為により平成21年度分の正規の所得税額2689万7700円と前期申告税額との差額、2685万7100円を免れ、

第二、平成22年分の実際所得金額が9513万7849円だったにも関わらず、平成23年3月1日、前記所轄西川口税務署において、同税務署長に対し、総所得金額が158万4696円でこれに対す所得税額が1900円である旨の虚偽の所得税確定申告書を提出し、そのまま法廷納期限を徒過して、もって不正の行為により平成22年分の正規の所得税額3498万2700円と前期申告税額との差額、3498万800円を免れたものである。」

 
裁判官「今検察官が読み上げた公訴事実について、どこか違っているところはありますか?」

和合「ありません」



ーーー 本題はこれからです。つづく。
 

悪徳貧困ビジネス和合秀典

悪徳貧困ビジネス和合秀典

生活困窮者を集めて、自らが運営する宿泊所「ユニティー出発(たびだち)」に入居させ、生活保護費を搾取する「貧困ビジネス」で、売上金を他人名義の預金口座に入金するなどの方法で、入居者から徴収した約1億7千万円の所得を隠し、所得税約6千3百万円を脱税したとして逮捕された和合秀典。

戸田市の財政は競艇場の収益などがあることから、隣の川口市などのように厳しい財政難に陥っていないから、生活保護者の申請に甘かったのかも知れない。役所のボンクラ職員も、しょせん自分の財布から金を出すわけではないから、波風立てず収めようと煩い申請者に対しては、バンバン保護費の受給を許可していたのかも知れない。

本当に困っている市民への生活保護はやむを得ないが、わざわざ他市他県にまで行ってスカウトしてきた者を、戸田市役所に連れてきて生活保護の申請を指南していたのだから、戸田市民は和合に食い物にされていたといっても過言ではない。

言うまでもなく市民の血税で賄われているのだから、和合の贅沢な生活の為に税金が流用されていたかと思うと、腹が立って仕方がない。役所の職員も責任を重く受け止めるべきであろう。

しかし、なぜ弁護士で元埼玉弁護士会副会長の経歴もある神保国男戸田市長の膝下で、戸田市役所が貧困ビジネスの温床になったのだろうか?

それは、新党フリーウエイクラブの党首として参議院選挙に出馬する和合秀典には、もう一つ裏の顔があったからである。

和合は役所で生活保護の申請を意のままにするために、同和団体の名刺を武器に職員達を恫喝していたのである。


和合の元側近であるという人物に取材をしたところ、実際に行ったという手口を話してくれた。
和合は部下に金を渡し、わざわざホームレスのところへ行って汚れた衣服を買い集めさせ、役所の窓口にブチ撒いて、こんな汚い衣服を着て生活に苦しんでいる人たちがいるのに、役所の職員はぬくぬくと机に座って仕事をしていながら、見捨てるつもりか!などという具合に騒ぎ立てるそうである。

そして同和団体の名刺が、なにより黄門様の印籠のように威力を発揮していたそうである。





和合の元側近はいう、

『この名刺は、役所で印篭にごとく効いていた。

この名刺1つで、どの市役所・区役所でも、生活保護が通った。

市民課・納税担当・全てが待ち時間なく、案内された。』


神保市長も、この手の恫喝には弱かったんだね〜

そして、自分自身で処理できない問題は、暴力団に金を渡し依頼していたそうである。

その金の原資は、生活保護費から搾取した、血税であることはいうまでもない。

敬天対策もまた、その中の一つであったという。

当社の街宣が正論であったため、表(警察や弁護士)で対処できない和合は、街宣を止めるため裏で好意にしていた暴力団組員に金を払って相談していたそうである。

でも当紙にとっては寝耳に水の話だよ。誰からも問い合わせは無いし、一銭も貰ってないよ。だからこうして正論で、ずっと和合の追及を続けているんだよ。和合爺さん相談相手にカモられたんじゃないの?



 

悪徳貧困ビジネス和合秀典

悪徳貧困ビジネス和合秀典

 

生活困窮者の救済を謳い、貧困ビジネスで搾取した金で高級車を乗り回し、脱税で逮捕された和合秀典が、今度はエコフライヤーなる会社で業務用調理機器の販売を行っていたが、

当紙には、

『エコフライヤーは、生活保護費を搾取で逮捕された和合秀典が経営していた詐欺会社です!』

『騙されて買ってしまった店舗や料理店などから、クレームが殺到したので、夜逃げしたようである!』


との情報が寄せられた。

そもそも和合秀典が、なぜエコフライヤーなる調理機器を売るようになったのかは、「悪徳貧困ビジネス和合秀典 で触れた通りだが、投書の主は何をもって騙されたと騒いでいるのか、もっと具体的な情報を送ってください。例えば乗っ取られたというウォーターフライヤー社との訴訟で、和合のエコフライヤー社が敗訴して販売権利が無効に成ったとか(例え話です)。

そもそも和合秀典が夜逃げしたというのは本当なのだろうか?

という事で、和合秀典がやっているという噂の食堂に行ってみた。

和合秀典の食堂は、さいたま市にある浦和卸売市場の目と鼻の先にある市場食堂 酔歌(さいたま市桜区桜田3-10-21)という店である。

 

和合の食堂


目の前は浦和卸売市場です

 
場所柄、「市場食堂」と名乗るくらいだから、活気ある築地市場の場外食堂をイメージし、さぞ新鮮な食材をふんだんに使ったテンコ盛りの海鮮丼やら、分厚いロースカツ定食などを期待して行ってみたが、メニューにあるのは揚げ物、炒め物がメインの一般的な食堂だった。(飲み屋のなごりかカラオケセットがあります)。
 
メニュー(画像をクリック)
(新党フリーウェイクラブ和合秀典のファンは喰ってみたら)

 

しかも昼時に入ったにもかかわらず、店の中は閑古鳥が鳴いていた。とくに食をそそるメニューが見当たらず、食券販売機の前で迷っていると、和合秀典らしき店主が声をかけてきた。

和合秀典の行方を捜している皆さん!和合秀典は夜逃げなどしてないよ!ここで食堂のオヤジをしているよ!

しかも、店先でエコフライヤーのビラを配っているよ。(まだ売っているのかな?)

 
因みに、おススメはなんだと聞くと、「生姜焼き定食」というので、なんだ?エコフライヤーで揚げているであろう揚げ物の定食を勧めないのか?と思いつつ、それにした。
 

自ら中華鍋をふるい調理する和合。
なんだ右脇の袋は?みそ汁は即席かよ!

 
ゲッ!?そういえば和合は、あの「みのりフーズ」の社長を知っているというが本当かね?
 
エプロン姿の高齢者の男が料理をする後ろ姿は哀愁が漂う。なんだか高齢者に飯を作らせて申し訳無い気持ちに成るから昼間から店に演歌を流すなよ〜。
 
本当にこれが、あの悪徳貧困ビジネスを展開し、億千万を稼ぎ、世に悪名を轟かせた和合秀典なのか?

本当にこれが、池袋で雑誌モデルも在籍していたデリヘルをやっていた和合秀典なのか?

 
本当にこれが、川崎市で役所の職員を恫喝し、ホームレス施設の建設工事を、ゴミ収集車を突っ込み妨害して、建造物侵入で逮捕された和合秀典なのか?

(動画)和合の迫力ある恫喝シーン「市長を呼んで来いッ!」


 
な〜んてことを考えていたら、料理が出てきました。

じゃ〜ん和合作、生姜焼き定食700円

なんだ、市場と何の結びつきも感じさせない平凡な定食だ!

しかも、俺が作った方がウマいぞ生姜焼き!



これなら当社の近所にあるスーパー「新鮮市場 世界一」の250円弁当の方がウマいな!(テレ朝「いきなり!黄金伝説」でピース綾部と又吉が取材に来たもんね。)


和合秀典の現在の姿は、食堂&カラオケラウンジの枯れた店主といった印象である。

これも財産隠しのための仮の姿なのかな〜?

これじゃあ、昔みたいに名だたる暴力団は助けてくれないんじゃないの?金の切れ目が縁の切れ目というからね。

となると、和合秀典の唯一の用心棒は、嘗て吉原のソープを経営し、元極道の妻であるといわれている内縁の妻だけなのかもしれない。内縁の妻くわばらくわばら。

結論!和合秀典は夜逃げしていなかった。

次回は和合のエコフライヤーが、本当に詐欺なのかどうかを検証しよう。つづく

 






 


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode