大塚貴敬から受けた被害6

今回も前回に引き続き水産関連の被害者の話をご紹介する。大塚貴敬の被害者の悲痛な叫びをご覧頂きたい。
今後、被害者の声も交えながら最新の動向や被害状況、また被害を少しでも減らせるような記事をお伝えしたいと思う。



自分は2007年秋頃、大塚貴敬のマグロ船共同オーナーの募集をネットで知りアポインを取りました。
(マグロ船共同オーナーに関して)詳しい話を聞きたいと言った所、様々な書類を送付して

「間違いない話だから安心してください。募集人数ももうすぐ埋まります」

と大塚は投資を急かし、それでも渋る自分に大塚は

「本当は250万は必要だが私が足りない分を余分に出します」
「最後には私は元秋田市議会議長の息子で親に迷惑をかけるような事は絶対しないし、親もこの事業は了承済み」

等と言っておりました。結果自分は100万円を大塚に 渡す事になりました。

しかし、お金を渡した途端に電話になかなか出なくなりました。
「今段取り最中だから忙しい、大切な時期だからもう少し待ってくれ」

などいろいろ言い訳を繰り返し最後には音信不通になりました。

自分は大塚を許す事が出来なかったため、ネットに詐欺被害者を集めるサイトを作りひとりで 大塚と戦いました。
そうすると音信不通だったはずの大塚は自分を脅し始めてきました。

「家にヤクザを送り込む」
彼の脅しはそれにとどまらす、とあるサイトに自分の本名住所電話番号を載せ誹謗中傷をはじめました。

警察により削除要請してもらいましたが非常に許せる行動ではないかと思います。

また同じ被害者の中には 借金して大塚に投資してしまいその返済にいきずまり命を絶った方もいます。

大塚のような人間は処罰をしないと自分達のような被害者を増やすだけだと感じています。



被害者の中には精神的に追い詰められ病気になった事例や、自殺に追い込まれた事例があることが被害者の声と調査にて分かっている。
この投資事件の大金はどこに消えたのであろうか?一部証言によると「バカラ」「パチンコ」等の賭博に消えているのではないかと言われている。

被害総額は推定数千万以上になると思われ、この事件の早期解決を望むばかりだ。前文にも記述したとおり、今後も最新の動向や被害状況などを記載していきたいと思う。

大塚貴敬から受けた被害5

今回の大塚貴敬に関する被害者の方は、被害者の仲でもだいぶ昔の被害者に分類される。手口の基礎は彼の被害からはじまったのかもしれない。被害者の方のメッセージを記していきたいと思う。


私は、2005年あたりから水産投資(パラオへのマグロ投資)で被害を受けた者です。

彼と出会ったのは闇の職業安定所でした。最初はアルバイト募集として彼のマンションに招かれたのが悲劇の始まりです。

当時、生活に苦しく、また社会経験もとても乏しかったので右も左も分からず、大塚の元で働いていまいた。彼と会ってカンタンなPCの仕事をすると1万円貰えたのです。その時彼は白ロムの仕事をしていたのを覚えています。

数回彼の元で働くとこんな話をもちかけられました。

「今は白ロムの仕事をしているけど、こないだまでパラオに住んで水産の仕事をしていたんだ。日本に戻ってきたのはパラオでのマグロ事業を日本で展開するためなんだ」

私はその時、大塚の事がすごい成功者に見えていましたから彼の言う事はなんでも信じていました。それが悲劇の始まりです。

様々な人からマグロ事業を行うためにお金を集めている。もちろん私も出している。○○(私の名前)君にも是非資本参加してほしいと言われ、数十万のお金を消費者金融から借りられました。何回かに分けて彼に支払った金額は現金で100万円を余裕で超えると思います。

その後、他の被害者同様に、私名義の携帯電話を使い、莫大な通話料を請求されたり、パソコンのローンを組まされたりしました。合計被害額は200万円弱です。

たぶん昨今の被害者の被害状況を聞くと、私の被害がモデルになっている感じを受けます。養子縁組の被害を受けなかった分いくらかマシかなと思います。

大塚が行った違法行為をいくつも見てきました。それは社会から見て非合法といわれるものばかりです。

・古物免許を持たず白ロムの売買
・電話回線の違法売買
・無免許運転
・他人のキャッシュカード、消費者金融カードの使用

大塚貴敬は、最近またしても水産事業の投資話でお金を集めているとの噂を聞きます。彼にお金を渡してしまう被害者が一人でもでないよう早急なこの事件の解決を望みます。



※この被害者の訴えから大塚貴敬の行動は、以下の刑法の適応の可能性がある。

・古物営業法違反(古物免許を持たず白ロムの売買)
・携帯電話不正利用防止法違反(電話回線の違法売買)
・道路交通法 第64条違反(無免許運転)
・刑法235条 窃盗罪(他人のキャッシュカード、消費者金融カードの使用)

被害者の声を集め一人でも被害者を少なくする為に、今後様々な被害者の声や被害状況、証拠を掲載しいく予定だ。

大塚貴敬から受けた被害4

私は、2008年12月から、神奈川県平塚市に住んでいた大塚貴敬から、被害を受けた者です。

まず、彼はネットの様々な掲示板やブログでたくさんの人々を勧誘していました。

私の場合は電話でまず、無料だからとFX口座を複数開かせられ、その後、複数の金融機関を何度も回らされ、お金を振り込ませられました。

パソコンショップでも、カードを作らされ、自分の名前でパソコンを買わされ資金源にされました。自身のパソコンも取られました。

2009年4月には、何も知らされず、大阪へ同行させられ、その後、神奈川県平塚市のアパートへ連れて行かれました。ここで、ある人物と会わされ軟禁状態にされたのです。

そしてまた大阪のアパートへ連れていかれ、投資会社を全国へ作るという名目で、多人数で共同生活させられました。

その時、自分が借りさせられた支払い証明書などをすべて取られ、郵便物もすべて、大阪に転送させられていました。そして、自分の名前を語られ、カード会社に電話され、カードを使われ返済を遅らされました。

6月には大塚の行動がエスカレートしたので、住んでいた県に戻ると、今度は大塚による「様々な脅し」が始まりました。

これは、大塚自身に直接確認しなければ、証拠が得られない不確実な部分でもあります。

今でもその「様々な脅し」が続いております。私の精神状態はもう限界です。

このような、他人の人生を踏みにじるような人間は、絶対に許してはならないし、裁かれるべきだと思います。


※この被害者の訴えから以下の刑法の適応の可能性がある。
軟禁状態・・・「刑法第220条、監禁罪」
自分の名前を語られ、カード会社に電話され・・・「刑法第246条 詐欺罪の可能性」
今度は大塚による「様々な脅し」が始まりました。・・・「第222条 脅迫罪」

今後、大塚貴敬事件の真相を様々な被害者の視線・角度から記事を掲載していきたいと思う。

投資被害者の会

全国には様々な投資による被害者の会がある。

『投資被害者の会』と検索すれば、一発目に下記が出てくる。

http://higaisya.info/

全国で投資の被害に逢われている方、本当に注意して下さい。

また現在、被害に逢っているのかもしれないと心当たりのある方、投資被害消費者サポートセンター
や最寄りの警察署に必ず相談に行って下さい。

投資勧誘による被害者を少しでも無くしていきましょう!

3度も名字を変えながら投資詐欺行為

『投資顧問業登録』が無いにも関わらず、外国為替証拠金取引(FX)の運用名目で全国の会員から約20億円をだまし取ったとして大阪、高知両府県警の合同捜査本部は金融商品取引法違反の疑いで無届けの投資顧問会社「アライド」(大阪市)の役員ら6人を逮捕した。逮捕者の中で目を引いたのが、「6年間負けなしのカリスマトレーダー」としてマルチまがいの勧誘を行っていた杉本淑枝容疑者。そのスジでは有名な美人相場師だったが、フタを開ければ運用実績はほぼゼロのハッタリ女だった。

【3度も名字を変えながら投資詐欺…】

このハッタリ女は、一体どんな素性なのか。関係者によると、杉本容疑者は秋田県出身。地元の進学校の公立高を卒業後に上京。熊谷、鈴木、杉本と、これまで3度も名字を変えながらマルチ投資詐欺に手を染め、アライドを設立した。大阪府内の自宅で会員を信用させ、会員からツーショット写真を要求されるほどのカリスマぶりを発揮していた。

 しかし、実際には出資金の大半は、ベンツなど高級外車やハワイの別荘、高級ブランド時計などの購入、豪華海外旅行費用などに充てられていたという。化けの皮がはがれた昨年11月には、同社のサイトで他の容疑者らを名指しして自分は被害者を装い、東京にいる父親のもとにも身を寄せていた。大阪の自宅では、夫が「そろそろ大阪に戻る」と押しかけた被害者をはぐらかしていた。また、秋田の実家の両親もが「知らない。関係ない」と被害者に対して、逆ギレしていた。


上記事実は大塚貴敬が2009年1月より行っているラファンドやJ-FOREXといった投資勧誘行為と似て非のうちどころが無いと思われる。

大塚貴敬もマグロ養育事業や携帯シロロム事業、FX投資名目を通じて、多額の投資額を多くの人たちから引張ってきている。そして、『安藤貴敬』という偽名も・・・・

otuka-gizo.png


我々はこのような人間による、このような行為を断じて放ってはおけません!

素人投資家のFXコーチ詐欺(J−FOREX)と偽造免許証

外国為替証拠金取引、いわゆるFXをやって資産を築かないか?俺は「ラファンドFX」という投資手法を編み出して実践し、安定収入を得ているのだが、君にそのトレードノウハウを教えてあげよう・・・

otuka-gizo.png


0tuka-hato.png


[偽造免許証] 大塚貴敬から受けた被害 3

大塚貴敬は金銭を得るためには、偽造免許証も使用していました。

これは実際に、2010年〜、ある方から100万円のFX事業投資名目で、「大塚貴敬」本人氏名を名乗らず、偽名を使用し、「安藤貴敬」と名乗り、金銭を投資させようとしていました。

この記事を掲載する理由は、大塚はこのような行為で、今後も新しい人達からお金を騙し取る可能性があります。

それらを断固として防衛するために、掲載させて頂きます。


充分に気をつけて頂きますよう、宜しくお願い致します。

大塚貴敬から受けた被害2

大塚貴敬は過去からさかのぼり、下記のやり方で金銭的な被害者を出していました。

- マグロ水産、貿易名目で「事業出資金」を不特定多数より募る行為

- 携帯電話白ロム販売名目で「事業出資金」を不特定多数より募る行為

- FX「六手法」という名目で「事業出資金」を不特定多数より募る行為

他・・・・

携帯電話も他人に作らせ、それを「後でちゃんと払うから」と無断で月額5万円〜100万円以上使用しておりました。


大塚貴敬は、私を含め、色々な人間のアパートに数か月居座り、住所を転々としています。


被害者数は数十名以上と思われ、全国規模となっており、山形、秋田、宮城、栃木、東京、神奈川、長野、大阪、京都、奈良、佐賀へと及んでいます。


次の記事にて、実際どのような方法で、お金を受け取り、被害者を増発しているか、書いていきます。

大塚貴敬から受けた被害1

2009年1月より、ラファンドと名乗り、Yahoo掲示板でFX事業の名目で、不特定多数より出資金を募っていた大塚貴敬より被害を受けた者です。

2009年1月5日、Yahoo掲示板を見ていた私は、「FXで毎月100万円以上稼ぎたい人、そしてそれを元手に福祉や雇用といった事業をしたい人達を募集します。」という記事を目にし、その掲載者にメールをしました。

その掲載者こそ、当時神奈川県平塚市に住んでいた大塚貴敬でした。


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode