今年の世相とTBSテレビショッピング

今年の世相とTBSテレビショッピング

今年の世相を表す漢字が公募の結果「安」が選ばれた。安全保障関連法を巡る議論の高まりや、テロや自然災害で安心が脅かされたことが理由だという。2位は「爆買い」の「爆」であったそうである。

先日、発表された流行語大賞と、選考の感覚が似たり寄ったりとなってきたのは気のせいか?

世相の意味をしらべると「世の中のありさま、社会のようす」とある。なるほど〜。であるならば、公募で7位となっている「偽」の方が現実的には一層身近な世の中のありさまを表している言葉だったと思えてならない。


今日もメインのブログでパナソニックに纏わる不正追及が行なわれているけれど、「今年は」というべきか「今年も」というべきか、大手企業の嘘偽りが数多く白日の下に晒された一年だった。大手企業、銀行、役所、学校、警察、病院、製薬会社が、国民の生命と財産を脅かした。

その原因として、その仕事に従事する者の驕り高ぶり、私利私欲によるケース。個人の不正を隠ぺいするあまりに組織的犯行に拡大するケース。利益至上主義の端から組織的犯行のケースが目に余った。

個人的には、それらを報じる巨大メディアのテレビ局にも、信頼を失墜させられた思いが数多くある。

NHKのヤラセ報道、日本テレビ社員であった「みのもんた」の息子の薬物吸引写真、当紙の前に現れたフジテレビを擁護する闇の紳士、例をあげればきりがない。

芸能界が若者の憧れの世界となった為か、それらを扱うテレビ局の社員も、とんだ勘違いをしてしまうようだ。

そんな折、TBSテレビに絡む社員が、人気番組内で紹介する所謂テレビショッピングの商品の取扱いをめぐって、優越な地位を利用して商品卸業者に対し長年に渡りキックバックを要求していたという告発が当紙に寄せられてきた。

当紙の指摘で内部調査が始まったというが、取引業者が金を要求された事実を相次いで証言しているにも拘らず、調査対象と成っている社員は事実無根の話で脅されているなどとホザいているらしいから、ことの一部始終を報じていくことにしよう。

それにしても、誰もが羨む金の看板を背負っているのに、それを悪用しウソ偽りを平然と述べる精神の荒んだ奴が多くなったものだ。

それが私の思う今年の世相だ。

「赤堀憲夫」は女性をカモる天才詐欺師?

「赤堀憲夫」は女性をカモる天才詐欺師?

先日「赤堀憲夫」という人物が、とんでもない口八丁の男であり、金銭的な被害を訴える人たちが現れたと報じたら、さっそく沢山の情報が送られてきた。

至る所に出現しているらしく、そこそこ有名らしい。有名であるから人脈があるとは言えないし、学歴があるから徳がある人物であるとは限らない。

赤堀氏に関しては、昔は人脈を慈善のために利用し、活躍したこともあったという良い話も耳にしたが、最近の評判は芳しくないものばかりだ。

赤堀氏が出入りしていた関係者宅に、金のトラブルで取り立てが押しかけて来たとの話もある。

最近の赤堀氏は、無料で参加できる催しなどに行っては、学歴、経歴、人脈をひけらかし、ビックマウスで人の気を引き、金を出させていたようで、どうやら東大卒博士・川西密雄先生のようなプチ・ペテン師に成り下がっているようだ。

この男の為に、三州倶楽部の名誉に傷がつかないかと心配する役員の声もあった。

これを機に、少しは反省した方がいいと赤堀氏を知る人達はいう。

赤堀氏は、心当たりのある所に、先ずは丁重に謝罪してまわったほうがいいよ。皆が良い年を迎えられるように。



 

「赤堀憲夫」は女性をカモる天才詐欺師?

「赤堀憲夫」は女性をカモる天才詐欺師?

三州倶楽部は、大正7年に創設された三州(薩摩、大隅、日向)の出身者、及びその縁故者が集い、三州の伝統、文化、先人の偉大な事績、史実を調査・研究、広報すると共に、他の諸団体と連携して郷土、及び地域社会の発展に寄与すること、また併せて会員の交流、親睦、研鑚を図ることを事業とする公益社団法人であるという。

その活動と歴史は堅実で揺るぎ無いものである。

ところが、この役員に名を連ねている「赤堀憲夫」という人物が、とんでもない口八丁の男であると言い、被害を訴える人たちが現れた。

この男の為に、三州倶楽部の名誉に傷がつかないかと心配する声もある。

赤堀憲夫は、パリ大学を卒業していることや、西アフリカの西部に位置するシエラレオネ名誉親善大使とやらの肩書きを騙り、アラブ、レバノン、ドバイ辺りの政府に顔が効くことを仄めかしたり、「薩露交流促進協議会」の代表なる肩書きで、ロシアとの深い関係を匂わせるなどして、諸外国との親善を目的に催される都内のパーティーに顔を出し、目ぼしい女性や企業を見つけては、投資事業の話を持ち掛け、金を騙し取っているという。

個人では確認のしようがない国々との友好関係ばかりを騙るそうだ。また、見識のある方が各国の大使館や外務省に問い合わせたところ、全く関係ないという回答を得たとの話もある。友好親善のパーティーで記念写真を頼まれて断る人はいないから、写真が表す「知っている」の意味は怪しいものだ。パリ大学を卒業したというのも疑わしい。




これまでに、三州倶楽部の歴代総裁でもある島津修久(島津興業蠡緝充萃役会長)の名を騙り、日露の親善を名目にロシアの軍艦を日本に持ってくるという事業話や、奈良ドリームランド跡地をロシアが買うという話を持ちかけたり、香港で「金」の取引を持ち掛けられて騙されたという声もある。

大そうな肩書きを名刺に書き連ね、物腰が柔らかく、見た目は(女性から見ると)なかなかいい男らしく、パーティーでは流暢なフランス語を話すから、その場の雰囲気や海外に連れ出された女性は皆、この男のパフォーマンスで言う事を信じ、金を出してしまうそうである。




しかし、金を出しても出しても一向に話は進まず、係わった女性の間では「天才詐欺師」との呼び声もある。実際の赤堀自身は飯代も出さないケチ男であるそうだ。

この男、永田町では色んな意味で有名物権であるパレロワイヤルという高級マンション11階に居住していたが、金銭トラブルから家主に追い出され、都内の高級マンションでは出入り禁止になっているらしく、現在は足立区(小台)辺りの賃貸マンション(スカイマンション?)に住居を移し、現在も活動中であるから要注意であるそうだ。

「赤堀憲夫」を知っている方がいましたら、被害の声でも擁護の声でも構いません。情報をお待ちしております。

 


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode