地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義new

検証3




読売新聞の取材に対し、切手を販売した男性は「松本議員に販売した。領収証の控えは無い」と話したそうだけど、280万円分もの高額な取引をしておきながら、控えがないというのは如何なものか。

郵便切手類販売所が切手を販売した際は、領収証に代わる「郵便切手類販売証明書」も発行されるのではないのか?

例えば、議長ポスト争いで離散した会派・魁水戸が切手を購入した時の領収証は「郵便切手類販売証明証」である。

この魁水戸も、地元への貢献の為に水戸市内の郵便局で切手を購入すれば良いものを、
わざわざ東京都内の金券ショップで購入している領収証がある。



また、収入印紙が貼ってあるものと無いものがあるのは何でだろう?



日本郵政は「同一差出人が一度に100通以上を料金別納や料金後納などで郵送した場合、差出と配達が同一の配達郵便局の担当する地域内で行われるなどすれば、切手を貼って送るよりも一通当たりの料金が安くなる」としている。


なぜ地元の郵便局で楽ちんで安い別納にしないのか?


 松カツ親分は、その理由を「別納より切手を貼った方が温かみがあって良い」「選挙をやる者はそういう気遣いがあって当然だ」と読売新聞の取材に答えている。




しかし、元兵庫県議の野々村号泣事件に端を発し、全国の地方議会で金券ショップで切手を大量購入し、再び換金しているのではないかという疑念が持たれているのが現状だ。


だから、当社の隣町さいたま市の議会では、先日15日、切手の大量購入を禁止し料金別納郵便の使用を原則とする方針と政務調査費の収支報告書を市議会ホームページで公開することを発表した。

    


   10/16読売新聞




水戸市議会は見習うべきだ。


それにしても、ウチワだのベビー服だの観劇だの、国会議員も地方議員も低レベルな賑わいを見せている。

この国の行く末は如何に。



つづく。


敬天千里眼情報FAX版←クリック






 

地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義new

検証2




松カツ親分は切手代の内訳について、会派報7人分(5000枚ずつ)の郵送代と説明していたのに、会派報の印刷代について領収証をよく見ると、6人分(6000枚ずつ)と但し書きに記入されており、矛盾していることが分かる。

そして、使途明細の欄には会報誌36000部(松本、藤田、田口、安藏、小川、大津6人×6000部)と記されている。




村田進洋議員はどうしたの?



7人会派だよね〜。



また、切手代の購入先とされる水戸市吉田町の住所は、松カツ親分の後援会の一つ「一理塚後援会」の会長さんの自宅住所ではないか?

松カツ親分の後援会長は切手屋さんだったのかぁ!?

それじゃぁ、「ちょっと領収証だけ書いてくれ!」なんてことは無いだろうから安心だ・・・。



しかし、読売新聞の取材に対し、切手を販売した男性は「松本市議に販売した。領収証の控えは無い」と話したそうだけど、280万円分もの高額な取引をしておきながら、控えがないというのは如何なものか。


郵便切手類販売所が切手を販売した際は領収証に代わる「販売証明書」も発行されるのではないのか?


例えば、議長ポスト争いで離散した会派・魁水戸が切手を購入した時の領収証は「郵便切手類販売証明証」である。




つづく。


敬天千里眼情報FAX版←クリック







 

地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義new


検証1




水戸市議会議員である松カツ親分の会派が、280万円分もの切手を購入していたことを、当ブログで報じた。


・地方議員の体たらく/松本勝久先生




この件について、読売新聞(地方版)も大きく取り上げてくれた。


・地方議員の体たらく/松本勝久先生(特報)







松カツ親分の会派は、80円切手を3万5千枚を購入したとして、切手代280万円を政務活動費から支出していた。


画像をクリック


 

読売新聞の取材に対し、松カツ親分は「会派のメンバー7人が5000枚ずつ会派報を印刷して、それを郵送している」と使い道を説明している。




そこで、再び領収証を精査すべく会派・改革水戸の「平成25年度政務活動費収支報告書」を見てみることにした。


平成25年政務活動費収支報告書



すると広報費として郵便代280万円の他、印刷製本費として259万2千円の支出が記入されていた。






印刷製本費259万2千円の内訳は以下の領収証「封筒印刷代86万4千円」「会報印刷代172万8千円」の合計と合致する。


画像をクリック




画像をクリック



この印刷製本費は、松カツ親分が280万円分(35000枚)の切手を貼って郵送したとしている会派報の印刷代を示している。


しかし、松カツ親分は切手代の内訳について会派報7人分(5000枚ずつ)の郵送代と説明していたのに、会派報の印刷代について領収証をよく見ると6人分(6000枚ずつ)と但し書きに記入されており、矛盾していることが分かる。



つづく。


敬天千里眼情報FAX版←クリック

 


地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義New





今年6月に水戸市の農業委員らが逮捕された農地の違法転用に絡む贈収賄事件で、違法転用された農地について、農業委員会が、事件の舞台となった違法転用された農地に対して示した見解は「転用許可の取り消し処分を断念する方針」だという。


そこで昨日、何のためにある農地法か? 何のためにいる農業委員か?と当紙は報じたところである。


農業委員は、荒廃している農地を見つけては所有者である高齢者を口説き、二束三文の農地を分譲住宅に化けさせ大儲けする為の利権、特権では無い筈だ。


「特別職の公務員」である農業委員の報酬も、血税で賄われているのではないのか。


特定の者が何十年も務めたり、不祥事を起こした者が何時までも会長職に留まっているのはおかしいのではないか?

(それこそ松カツ親分は議会で田口議長を降ろす暇があったら、農業委員会で笹沼会長を降ろすべきではないのか?)





水戸の農業委員といえば、30年も委員をやってる会長の笹沼恭一が、自ら代表を務める乗馬クラブで農地を無許可で馬場として使用し、池などをつくる開発行為をしていたことが今年6月に発覚したが、後から申請を出し不問にしてしまった。


そして、「逮捕された本田幸雄と長年の仲間で農業委員会を二人で仕切っている。二人で根回しして、おかしな物件でも許可してしまう」との投書が寄せられていた農業委員で市議である松本勝久こと松カツ親分も、所有する農地を転用許可を得ずにビルを建て、事務所や自宅の庭として30年も使用していたことが発覚し、後から申請を出して不問にした。


農地法を熟知している筈の長老達が、揃いもそろって農地を違法に開発しても「知らなかった」で通るのが水戸市である。


逮捕者が出ても水戸市の農業委員会が処分を出せない機能不全に陥っているのは当然だ。


同時に、水戸市政も水戸市議会も機能不全に陥っている。


こんな時にバーベキュー大会を催し、市民に食事を振舞った市議会議員がいるという投書が寄せられている。


投書によると、松カツ親分が市議会で動議を発し、百条委員会までやると息巻いている田口文明議長降ろしの裏で、議長候補に名前の上がっている村田進洋市議が10月5日、藤井川ダムに多くの市民を招待し、バーベキュー大会を開催したという。


招待ハガキには参加費1000円と書いてあったそうだけど、参加した市民は「お金は取られなかった」「お土産にジュースをたくさん貰った」と喜んでいるそうだ。


しかし、このような催しで例えば「○○の際は是非○○と書いてください!」「お願い致します!」という様な挨拶をしていたとしたら、他市では事件となるのだが・・・市長まで参加していたそうだけど大丈夫か?


選管、当局は調べてみる価値あるかもよ。




議員の資質を決めるのは、喰わした料理の質ではない。


水戸市民は、いい加減に目を覚まし、血税を浪費する時代遅れな不条理に声を上げなければ成らない時である。



つづく。


敬天千里眼情報FAX版←クリック



























 

地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義





昨日10月15日読売新聞朝刊(地方版)は、今年6月に水戸市の農業委員らが逮捕された農地の違法転用に絡む贈収賄事件で、違法転用された農地について、「同市農業委員会の農地部会は14日、転用許可の取り消し処分を断念する方針を了承した」と報じた。




画像をクリック



この事件は、市内の女性(90)が所有する二つの農地約4700屬鮟斬陲箸靴栃譲する目的であるにも拘らず、農地を資材置き場にすると虚偽の申請を農業委員会に行い、不正に農地転用の許可を受けたとして不動産業者と土建屋の他、便宜を図る見返りに現金300万円を受けとったとして12期36年のベテラン農業委員・本田幸雄(79)ら計6人が逮捕された事件である。


本田は農業委員の中でもボス的存在で、農地の転用を認めるかどうかを審議する農地部会の前に「今回は自分の関わっている土地を出すからお願いします」という根回しの電話を他の委員にしていたそうだ。また、根回しは他の委員もやっていることで、審議はほとんど無いに等しい状態であったという。


この虚偽の農地転用申請について審議された平成24年11月の農地部会では、委員の一人が「最初から転売するという目的でやっているのではないか」と虚偽申請の可能性を指摘していた。しかし賛成多数で許可されてしまったそうである。


この時、許可に賛成した農業委員会の笹沼恭一会長は、地元新聞の取材に対し「申請には疑問を感じなかった」と釈明していた。


また、農業委員の間で農地転用の審査において根回しが横行していたことについて「まったくわからない」と否定。


委員に逮捕者が出たことに対しては「道義的責任を感じる」と語っていた。


その農業委員会が、事件の舞台となった違法転用された農地に対して、このほど出した見解は「転用許可の取り消し処分を断念する方針」だ。


何のためにある農地法? 何のためにいる農業委員?




農業委員とは特別職の地方公務員で、農業委員会で農地の転用許可申請の審議などを担っている。そして、農地法の適正な運用を促す立場にある筈だ。

処分を断念するということは、やっちまったものは仕方がない、後の祭りだということか?

というより水戸市の場合は、松カツ親分や笹沼会長の農地無許可転用を不問にした事例がある通り、どいつもこいつも同じ穴のムジナで、逮捕された本田は農業委員30年以上の経歴だというから、皆のネタをシッカリ握っているし、報復の暴露を恐れて互いに誰も事件を追及出来ないというのが本音ではないか?



つづく。




敬天千里眼情報FAX版←クリック








 

地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義




議長ポストを巡って、本会議にまで支障をきたしているという、市民を蔑にした水戸市議会。

 発端は、現議長の田口文明市議に辞めろと動議を発した松カツ親分こと松本勝久市議のご都合主義だ。

 寄せられた投書によると、一連の田口議長降ろしの背景には、村田進洋市議を議長にするという動きがあったからだそうだ。村田市議は、松カツ親分の会派・改革水戸で会長代理をしている。

前回の議長選(任期H23年6月〜H25年6月)では、5人会派の創政弘道会の渡辺政明市議と村田進洋市議の2名が議長選に臨み、県都市民クラブの田口市議が渡辺市議に協力し、渡辺議長が誕生。

平成25年6月の議長選で再び渡辺市議と村田市議の対決となり、これが発端で会派・魁維新の渡辺市議と高橋文夫市議が会派を離脱し新会派を結成。残った村田市議、小川勝夫市議が先に離脱していた松カツ親分のグループに合流し、魁維新は解散。

そして現在、議会が混乱している背景には、議会運営委員長である渡辺市議が松カツ親分と手を組み、田口議長を任期途中で降ろし、村田市議を議長にするという、おかしな構図になっているそうだ。

ところで会派・魁維新が、解散したら3ヵ月以内に収支報告書及び領収書等を提出しなければならないという規則があるにも拘らず、半年近くも経ってから提出したのは何か裏でもあるのかな?

会派の会計責任者は渡辺市議だったし、渡辺市議が議長のときに決めた条例だし、水戸市監査委員ではないか!という市民の声もある。


そんな条例違反に寛容というか、いい加減な水戸市で、またまた松カツ親分が市街化調整区域を舞台に怪しい売買をしたとの投書が送られて来た。


それは平成18年頃、松本市議の妻・清子婆さんが2千坪近い農地を買占め、資材置き場に転用申請した後、不動産業者螢屮薀鵐董璽犬謀焦笋垢襪癲同日中に朝日商事なる業者に売られたという話である。


 不可解なのは清子婆さんがブランテージに転売した日付の前日に、ブランテージが倒産していること、ブランテージに売られる前に、朝日商事が清子婆さんの土地を住宅用地に開発すべく市道の設置に必要な手続きを水戸市に申し入れていたということだ。

 朝日商事といえば、現在は松カツ親分の自宅からほど近い広大な土地を造成して住宅地50区画の販売を手掛ける不動産業者で、松カツ親分の息のかかった業者の一つであるそうだ。


 他市では良からぬことであっても、水戸市では大した問題ではないのかな?


土地の売買に絡む疑惑は例を挙げればきりがない・・・つづく。


敬天千里眼情報FAX版

 

地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生(特報)

水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義・特報




 水戸市議会議員である松カツ親分の会派が、280万円分もの切手を購入していたことを、当ブログで報じた。

地方議員の体たらく/松本勝久先生



この件について、本日の読売新聞(地方版)朝刊が大きく取り上げた。

 
松カツ親分の会派は、80円切手を3万5千枚を購入したとして、切手代280万円を政務活動費から支出していた。

読売新聞の取材に対し、松カツ親分は会派報を郵送していると使い道を説明したという。

しかし、日本郵政は「同一差出人が一度に100通以上を料金別納や料金後納などで郵送した場合、差出と配達が同一の配達郵便局の担当する地域内で行われるなどすれば、切手を貼って送るよりも一通当たりの料金が安くなる」としている。

なぜ別納にしないのか?

松カツ親分は「別納より切手を貼った方が温かみがあって良い」「選挙をやる者はそういう気遣いがあって当然だ」と読売の取材に答えたそうだが、真心と切手を貼る貼らないは関係ないだろう。

それとも大切な手紙を添えて特別な方たちに記念切手でも貼って差し上げたのか?

真心のある当紙でさえ、新聞の発送時には切手を貼る作業は時間と労力を費やすので料金別納にしている。

一般的に「なぜ手間もお金も掛かることをするのか」「本当に切手を貼ったのか」という疑念を抱くのは当然だ。

郵便物は議会事務局を通し、事務局が郵便物を確認するか、差し出すようにするべきである。

今のままでは何に使われても分からない。

切手を換金することも、懸賞の応募に使うことも出来るではないか。


敬天千里眼情報FAX版(特報)

 

地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義






水戸市議会が議長ポストを巡って、本会議にまで支障をきたしているという投書が届いたので、市民を蔑にしたバカな争いで大切な議会運営に支障を来すべきではないと、これまで報じてきた。

発端は、現議長の田口文明市議に辞めろと動議を発した松カツ親分こと松本勝久市議のご都合主義だ。

市役所に自分の言うことを聞かない職員がいると、議会でその部署の仕事に因縁を付け、職員に何度も質疑を繰り返して精神的に追い込み、最後はいう事をきかせるのだという。

子飼いの市職員が無断欠勤を繰り返した時も、上司である課長が叱責したところ、後に議会でパワハラで恐怖に脅えている職員がいると質疑を繰り返して担当部署を責め立てたという話もある。何のお咎めもなく無断欠勤しまくっている職員の方が問題だろうに。


だから、見せしめのターゲットにされる恐怖心から、市長や職員はもとより、共産党の市議ですら松カツ親分には逆らわないそうである。


しかし、当紙の追及記事を始めてから、松本勝久市議の所業に疑念と怒りを抱く水戸市民から、激励の電話や投書が数多く寄せられているので紹介する。

(因みにタイトルで松本勝久先生と書いてますが、「こんなヤツ先生なんて呼ぶべきではない!」との声が寄せられています。
しかし、田舎のスナックやキャバレーに行けば、みんな先生や社長さんと呼ばれますから揶揄だと思って気にしないでください。)


投書によると、一連の田口議長降ろしの背景には、村田進洋市議を議長にするという動きがあったからだそうである。(詳細は後日記す)


村田市議は、松カツ親分の会派・改革水戸で会長代理をしている。


そして村田市議の後ろ盾と成っているのが、地元一番の名士と言っても過言ではない幡谷祐一氏であるという。

村田市議は、幡谷祐一氏が乗っていたトヨタのセルシオや、ベンツ(自前?)といった高級車を乗り回しているそうだ。


幡谷祐一氏は、茨城県公安委員会委員長や全国信用協同組合連合会長の経歴を持ち、参議院議員で内閣府復興副大臣を務めた岡田広氏、茨城県知事の橋本昌氏、水戸市長の高橋靖氏など県内選出政治家の後援会長を務め、政界に強い影響力を有している大正12年生まれ91歳という最長老の名士である。

幡谷祐一氏の親族は地元の茨城トヨタで会長(兄弟)・社長(甥)、トヨペットの社長(長男)を務めていて、多くの警察OBが第二の就職先としてお世話になっているというから、悪評があっても幡谷祐一氏と正面切って対立するものは先ずいないようだ。

市長の親父が社長を務める業者が市の指定業者であっても、理不尽な農地転用が問題になっても、議会も当局も皆が甘いのは、何やら最長老のテコ入れもあるのかな?


しかし、寄せられた投書で皆が一様に思っているのは、このまま権力者による不条理を野放しにしていたのでは、水戸市がダメになってしまうという危機意識だ。


全国で地方議員の体たらくが問題になっている今こそ、良識のある水戸市民は不条理に対し声を上げるべきだ。


最長老よ!水戸市に平穏な秩序をもたらしたまえ・・・さもなくば水戸の黄門様もあの世で嘆き悲しんでおられることだろう。


つづく。
 

敬天千里眼情報FAX版
 


地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義


水戸市議である松カツ親分こと松本勝久議員に纏わる投書や電話が毎日のように寄せられてくるようになった。

内心では水戸市を何とかしなければならない、このままではいけない、と思っている人が沢山いるという事だ。

インターネットのブログのみ更新していたら、「年配者はインターネットをしないから紙面でもやって欲しい」との声が沢山寄せられてきたので、ブログを「敬天千里眼情報FAX版ΝА廚忘遒蠶召垢海箸砲靴泙靴拭

良識のある水戸市民の方、興味のある方はFAX版を自由にコピーしてご覧下さい。



敬天千里眼情報FAX版Βクリック


敬天千里眼情報FAX版Бクリック



地方議員の体たらく/水戸市議松本勝久先生

 知性も理性も感じられない地方議員の体たらく
水戸市議会議員・松本勝久先生のご都合主義


昨日25日、自民党系会派の親分である松本勝久市議(以降、松カツ親分と呼ぶことにする)が、議長ポストを明け渡さない田口文明議長に対して、嫌がらせの動議を発して混乱していた水戸市議会の定例会が閉会し、NHKが以下の様に報じていた。


以下、NHKニュース

議長と一部の議員の対立で混乱が続いた水戸市議会の9月定例議会は、25日最終日を迎え、被災した市役所の解体に関わる費用などを盛り込んだ補正予算案など合わせて27件の議案を可決しました。

しかし、25日も議長に対する不信任の動議が提出されるなど、最後まで混乱が続きました。

 水戸市の9月定例議会は最終日の25日本会議を開き、震災で被害を受けた市役所の本庁の解体に関わる経費や、道路や橋の復旧事業費の増額分など合わせて10億7600万円余りの補正予算案など、合わせて27の議案を可決しました。

 今回の議会では、田口文明議長が先月、自らが所属する会派を離脱したことを巡って議長と自民党や公明党などの議員が対立し、審議日程が一時決まらないなど、混乱しました。

 25日も自民党の議員から、田口議長に対する不信任の動議が提案され、自民党会派などの賛成多数で可決されました。

 不信任の動議には強制力はなく、可決後、田口議長は、NHKの取材に対して「動議が可決されたことは、私の不徳の致すところだ」とする一方で「議会を混乱させたつもりはなく不信任にあたる理由が思い当たらない」として議長職にとどまる考えを表明しました。

 補正予算案などは可決されたものの市議会は最後まで混乱が続きました。

09月25日 18時26分 NHK http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/1074677021.html


 

田口議員が「不信任にあたる理由が思い当たらない」と言っている通り、任期の途中で辞めるなら辞めるなりの理由がなければ、辞める者も市民も納得が出来ないのは当然だ。

辞めろと言っている議員は、何を理由に辞めろと言っているのか?

議会に混乱を招いたことが理由なら、その混乱を招いた理由は何なのか?解りやすく市民に説明するべきだ。

それが、議長ポストを任期途中で誰かに譲るだの譲らないだのという話であったなら、とんでもない話である。

誰かの地位や名声のアイテムとして、売り買いされたのでは堪らない。


そういえば、松カツ親分は役所の人事にも口を出すそうで、職員は恐れをなして言い成りになっているそうだ。逆に松カツ親分に頼んで昇進したりする者もいるという。もちろんタダでという事はないだろう。


言うことをきかない職員や議員がいれば議会を捲き込み、嫌がらせの質疑や動議を繰り返し行う。


そんな恫喝を長年繰り返してきた結果が、農地転用も自由自在、役所の人事も自由自在、議会運営も自由自在、ということか?


この国の政権を委ねられている自民党の会派が、地方議員といえども、こんな騒動の中心となっているとは恥ずかしい限りである。


先達て、号泣バカ野々村元県議による政務活動費の不正使用が大変な問題となった兵庫県議会が、10月から支給額を一割削減することを決めた。

何の根拠で1割削減なのか?

真面目な活動にどうしても必要な経費だというなら支出は仕方ないのだから、根拠なき削減は県民を舐めきった御機嫌取りのパフォーマンスと言わざるを得ない。

 

渦中の兵庫県議会では、3年間の政務活動費のほとんどが不正使用だという事が明らかになった号泣バカ野々村元県議に続き、岩谷英雄議員をはじめとする4人の自民党の議員に政務調査費の不正疑惑が浮上している。


中でも岩谷県議については領収証の改ざんと、切手を121万円分購入したことに疑惑がもたれている。
 

大量の切手を購入し、金券ショップで換金か?


兵庫県議に限らず、地方議員の体たらくは目に余る。

しかし、これらは議員個人の資質が問われている問題である。
 

しかし、流石は水戸市。

 

自民党の議員が中心となり、理不尽な動議を議会で声高らかに上げるだけある。


議員の体たらくは、個人から組織へ蔓延しているようだ。


「類は友を呼ぶ」というべきか、「寄らば大樹の陰」というべきか。


当紙の手元には、松本勝久議員が親分を務める会派「自民党水戸市議団・改革水戸」が平成25年12月19日に購入した280万円分の切手(80円×35000枚)の領収書がある。

名目は広報費とあるが、

これってどうなの?

 

以下の支出について、水戸市民に納得がいくように説明責任を果たすことが出来るのだろうか?

 

つづく。


 



selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode