葬儀社の糾弾

JUGEMテーマ:ニュース

 (備忘録)

これから、アルファクラブ武蔵野に続き、冠婚葬祭業(特に葬儀社)の不正を糾弾していきます。

葬儀社の公的機関との癒着や、不透明な葬儀料金体系(祭壇設営費、棺代、生花、遺影写真、納骨容器、返礼品、食事代、火葬料、搬送費用)について、悪徳業者を追及して行きます。


闇の紳士、ナウローディング

渋谷の

株式会社
ナウローディング
(中川哲也社長)


では連日、怪文書や苦情の電話で社員が頭を悩ませてるらしい

この会社、ホームページで
マイクロソフト中国終身名誉総裁の唐駿氏と業務提携をすると公言しているが、

会社自体は、子会社の売っている怪しい水の売り上げだけが頼りの現状である!

社長の中川氏は、この二年間でナウローディングの有力株主であるイースタジアグループから何度も訴えをおこされている

(イースタジアグループのホームページを見れば一目瞭然!)


今回も、マイクロソフト終身名誉会長の唐駿氏の名前で投資家を騙すつもりであろう!

騙されたイースタジアグループをはじめとする被害者は、中川を裏で操る新海氏の存在を知っている!


中川哲也よ!

早く退陣し、マトモな生活を送れ!

読者の中にナウローディングに騙された、恨みを持つ方がいらしたら是非とも御連絡下さい!

あなたが日本の悪を倒す力なのです!

家賃の支払い困難について

JUGEMテーマ:ニュース

家賃の支払い困難について


インプラント再使用問題、問い合わせ150件

                        

 26日、ようやく 国賊 関志乃武のところに愛知県と豊橋市保健所の立ち入り検査が入った。

 読売新聞によると、同クリニックの院長は入院中で不在のため、事務職員ら4人が検査に立ち会った。約3時間半にわたって、インプラントの再使用についての聞き取りや、カルテなど書類の抜き取り調査を行い、インプラント治療をした患者の氏名などが記載された大学ノート3冊を預かった。今後さらに調査を進める。藤岡正信・同市保健所長は「使用済みのインプラントの確認はできなかった。改めて院長から詳しく事情を聞きたい」と話している。

 コイツは、もうとっくに証拠隠滅を図ってるはず!!

 自殺未遂の入院だって、立ち入りの遅延行為に決まってる。

 コイツは極悪非道な策士だから、今までも豊橋市の福祉課などに複数回寄付金を渡たすなどして、自分に対する負のイメージ(保険医取り消し処分や医業停止処分)を払拭しようとしていた。

 そんな国賊 関志乃武のことを知っていながら過大広告・宣伝に加担した東愛知新聞、FM豊橋の責任は大きい。

 コイツらが悪の金に屈しさえしなければ、こんなに被害は拡大しなかったはずだ。

 残念なことに、歯科のトラブルの内、圧倒的多数がインプラント治療によるものだ。裁判沙汰になっているケースも少なくない。

 インプラント治療で被害を受けた方、あるいは、あそこの歯医者は詐欺だ!絶対に許さん。などの内部告発(匿名可)はいつでもお待ちしております。敬天新聞社までご連絡下さい。 


エイベックスの暗闇

IMGP4899.jpg.jpg
エイベックスがエーライフ(西麻布のクラブ)を支援するのはには深い理由がある



今をときめく倖田來未等のアーティストを抱える
大会社エイベックスの社長松浦氏とエーライフオーナーの上山氏とは
町中の恋人以上の関係があるからだ



今をさかのぼる事、2001年をスタートにトランスミュージックブームが急騰


エイベックスが経営していたヴェルファーレをはじめエーラフなど都内クラブが熱気を浴びる中、自然とドラッグが蔓延した



2人も人の子、いつの日か悪い誘いにのるものである

そんな2人がお互いに負い目があるのは当然の事、上山氏が負債で首が回らない時は松浦氏が援助するのが筋だろう…



あの頃、2人の天にも飛び上がり、目から光線を出し、押尾学顔負けの世界を目の当たりにした目撃者が沢山いた事を一生忘れず


きちんとした社会生活を送る事を筆者はすすめる


しかし2人の悪事を許せぬ方々もいるはず、是非とも内部告発等は勇気を出し御連絡下さい

捜査情報の漏洩問題対策チーム

JUGEMテーマ:ニュース

 民主党が発足させた「捜査情報の漏洩問題対策チーム」のやらんとしていることは、メディア検閲と、世論の誘導に過ぎない。

御用メディアの毎日・TBSらに、いまだに自民党政策を根掘り葉掘りほじくらせて、自分達、現・与党の無能を隠蔽していることを棚に上げ、

民主党ドンで談合仕切り屋の小沢一郎に関する真実報道は全てネガティブキャンペーンとして、捜査情報の違法漏洩だとか論点をすりかえて騒ぐつもりか?


JAL労組の自慰、「頑張るJAL」チラシ配り

 日本航空(JAL)の株価暴落で、JALを(顧客・利用者として)愛着持って投資をしていた個人株主の人達の財産は文字通り『紙切れ』になった。
 
 なのに破綻したJALから高給を貰ってぬくぬく生きているJAL労組配下の社員達は、暇つぶしに『紙切れ』に手書きのメッセージを書いて犂萃イ襭複腺未鬟▲圈璽襪垢襪燭甕愾阿覆匹杷曚覘瓩箸いΠ質なマスターベーションを昨日も名古屋で行っていたらしい。

押尾学の陥落人生

Sp20091208007201.jpg.jpg
押尾学が昨日起訴された

押尾学といえば、

自称元不良で地元じゃ誰もが知る強者、などと吹いていた覚えがある

彼の地元の大不良のHに聞くと

「あれは金も持っててイイ奴でしたよ!毎日奢ってくれたし、女も紹介してくれました。でも本当はオレの事キライでバックレちゃいました!」

筆者も、その時代の押尾学と友達になりたかった…


話は変わるが、
押尾学事件は国民のほとんどが納得のいかない事ばかりであったはずである。


一度釈放されてから、友人とマネージャーを含めた三人で再逮捕されたが、
普通だったら釈放なしの再逮捕、追起訴の嵐を筆者は予想していた。


亡くなった女性を思うと、
「彼女がクスリをくれた、彼女が飲みなよって言った」

そんな、死人に口なしなんて事は許さない!

国民の皆様の声が今回、事件を簡単に処理しようとした警察を動かしたのかもしれません。

この事件に関しては、違法薬物を芸能人、政治家の息子、アスリートに提供していた某クラブがある〓

筆者はこれからゆっくりと読者の皆様にお伝えしたいと思います。

もし読者の皆様の中に、現場を見た、私も飲まされたなどという方がいらしたら是非とも御連絡下さい!

あなたの勇気が日本を救います!

小沢一郎を弁護する細野の毎日

060930_025445_Ed_M.jpg.jpg
本当は、しばらく小沢一郎氏の話題はしたくないのであるが…


連日、マスコミに

モナが元愛人の細野が苦しい小沢一郎弁護をしている。


筆者が細野だったら、テレビ局でモナに会ったら気まずいので民放は避けたい…


今日、民主党幹部秘書から話を伺ったが、

本当のところはマスコミに出て小沢一郎弁護をして国民に嫌われたくない!

と言うのが本音のようだ。

考えてみると、

金の次に女性問題は過去の政治家を見ればわかるように政治生命を奪う大変な地雷である。


細野氏も本当なら野面でマスコミに出る程の根性はないが、

今の民主党には残念ながら本気で小沢一郎を弁護する人間がいないのが現状であろう…


筆者は言いたい!

政治家は、命が惜しければやってはいけない

国賊小沢一郎の未来

20100124232043.jpg
我が国の未来を揺るがす、国賊小沢一郎の世田谷の自宅には

総理大臣、鳩山由紀夫の二倍の警護がついていると自民党大幹部が筆者に教えてくださった。

どうやら右翼、左翼両方から狙われているらしい。


考えてみると、天皇陛下の政治的利用は左翼の連中からも批判されるのは当然の事である。


筆者は敬天新聞社社主の白倉先生が、

「小沢一郎氏の政治家としての残り短い人生において、名を残す為に真っ当な政治を行う事を信じたい」


というお言葉に同感であったが、小沢一郎氏がとった天皇陛下に対しての行動にはがっかりした。


国民の平和と国益を守るべき政治家が、平気で両方を守らないとは怒り意外に何も浮かばない…


所詮、
幹事長を辞めないのは参議院での公認を決める権利を捨てたくないだけであろうと筆者は感じる

小沢一郎に未来などという希望はないことを望む!


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode