子宮頸がんワクチンの予算150億円、この裏側(上)


 厚生労働省が先月末にまとめた来年度予算概算要求では、総額は約28兆7595億円と、今年度当初予算を1兆2393億円上回った。
 このうち、医療・年金・介護の国庫負担などの社会保障費は27兆5012億円で、今年度と比べて1兆2359億円アップ。

 このうち、子宮頸がんワクチン助成について150億円が計上されている。
 子宮頸がんは、20代以降の女性がかかりやすい、子宮の入り口に発症するがん。
 近年罹患率が急激に上がっており、乳がんや子宮がんより高い。
 年間に1万5000人が罹患し、このうち3500人が死亡するとの数字もある。

 かかったら最悪の場合は亡くなり、重い場合は子宮摘出となって妊娠不可能になることもある。
 子宮頸がん予防には、10代のうちにワクチンを接種し、定期的に検診していく事が有効と言われている。
 ただそのワクチンは約5万円もするので、とてもじゃないけど普通には打てない。



selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode