天皇誕生日と世相

天皇誕生日(12月23日)と世相

昨夜の大荒れの天気が、まるで嘘のように晴天に恵まれ、十二月の末だというのに信じられないほど暖かい天皇陛下の誕生日(天長節)と成りました。皇居前には、上着を脱いでTシャツ姿に成っている人もいました。外国人の方やバスツアーの方も多く感じられました。

午前中だけで、平成に入って最も多い3万3000人が一般参賀に訪れたそうです。午後には3万8500人を超えたということです。

先日、風邪を患い発熱と咳があると伝えられていた天皇陛下ですが、御回復成されて安心しました。

 






それにしても、23日は「天皇誕生日」であるというのに、繁華街は23日が祝日なので24、25日と合わせて三連休になることから、クリスマスムードで満ち溢れている。メディアもクリスマスをどう過ごすかという話題ばかりが目に余る。

他国の文化や慣わしをマネするのもいいが、その文化の由来や伝統を理解し、敬意をもって嗜むべきである。なぜなら無知では済まない誤解を招くことになるからだ。

クリスマスの前はハロウィンで、仮装した若者が例年にも増して、各地で賑わいをみせていた。ハロウィンは古代ヨーロッパで秋の収穫を祝い、厄を払う宗教行事であったときく。それなのに、日本では著名な秋元康氏がプロデュースした人気アイドルグループが、イベントでナチスドイツを連想させる衣装を着ていたとして、ユダヤ人団体から抗議され謝罪する事態に至った。日本の大人は無知な若者に歴史や伝統を教育するべきであるとの非難を浴びた。ホロコーストの教育の是非はともかく、若者を操り金儲けをする大人の襟を正すには一理あるのではないか。

先日、ドイツのベルリンで毎年行われているクリスマス・マーケットに、トラックが突入し60人の死傷者を出すテロが起きた。クリスマス・マーケットは、ヨーロッパで中世から続く慣例行事で、ベルリンは世界的な名所であるという。テロ組織ISが犯行声明を出したとの報道も耳にした。フランスではクリスマスで人の賑わう場所の警備を強化しているという。たまたまクリスマス・マーケットで起きたテロではないだろう。クリスマスはイエス・キリストの降誕祭である。

そんなことも考えず、由来を教育されることも無く、幼いころから幼稚園や保育所で、「サンタクロースがプレゼントを持ってきてケーキが食べられる日」として慣らされてきた日本では、サンタのコスプレをした若者が、ハリウッド映画で俳優が中指を立てたり、親指を下に構えたポーズをしているのを観て、カッコいいという理由だけでマネしたりするかもしれない。時と場所を誤れば、射殺されるかも知れないだろう。

娯楽や楽しそうな他国の文化や祭りごとを何でも日本風にアレンジし、取り込んでしまうのが日本人だ。しかし、ストレスの多い社会であるから、現実逃避をするように娯楽に溺れ、自国の文化も忘れてしまうようでは、日本は最早一年中が忘年会の様相である。

今年のクリスマスは三連休だと言って浮かれている若者たちが、「あれ?今日って天皇陛下の誕生日?」という会話をしているのを電車の中で耳にした。25日のクリスマスの前夜24日がクリスマス・イブだから、「今日はイブのイブ」であるという始末である。

ゴールデンウイークやハッピーマンデー。週休二日に飽き足らず、今度は眠っているタンス預金を世に流すという金ありきの景気対策で「プレミアム・フライデー」が実施されるというが、オレオレ詐欺の若者が高齢者をターゲットにしている口実と同じである。

内外の政略によって日本の伝統文化が蝕まれていく。

三連休でクリスマスムードに浮かれて、天皇陛下の誕生日を忘れる若者がいるようでは、日本の未来は危ういのである。

自国の伝統と文化を学び、自国に誇りと敬意を持ててこそ、他国の伝統文化に敬意を表し、良き慣わしを嗜むことが出来るのではないか。

安倍首相も、柔道家で親日を気取りながら、三時間も意図的に待たすような要人を、ビジネスパートナーに選ぶ云々の前に、講道館に招き入れ、神聖な畳(敷居)を踏ませちゃいけないよ。日本の柔道は勝ち負けのポイントを競うゲームスポーツではない筈だ。そんな無礼者の柔道八段は、柔らの「道」を極める日本の子供たちの茶帯一級〜黒帯初段にも及ばぬ値打ちである。

今年の日本の世相を表す漢字は「金」だが、世界で今年を象徴する単語として選ばれたのは「ポスト・トゥルース」(オックスフォード英語辞典より)であるという。イギリスのEU離脱(国民投票)や米大統領選(トランプ現象)を例に挙げ、世論形成において、客観的事実が感情や個人的信念に訴えるものより影響力が無い、すなわちデマが真実に勝った一年であるということらしい。

しかし、日本にとっては今に始まった話ではないだろう。終戦直後から、日本の歴史と伝統文化は、客観的事実を、戦勝国の思惑によって、感情や個人的信念による訴えにより塗り替えられてきたのである。

真実が嘘によって塗り替えられぬよう、真実を見極め、正義を貫く強さを身につけなければならない。


日本の伝統と文化に誇りを持ち継承することが、国力の源である。

そして、日本の伝統と文化を守る礎は、先ずもって天皇陛下の弥栄に他ならないのである。

天皇陛下万歳。





 

冬至の新橋(水)街宣

冬至の新橋(12月21日水曜日)街宣

12月21日水曜日、今年最後となる敬天新聞社主催の新橋街頭演説会を行った。

毎週水曜日のいつもの場所、同じ時間、お馴染みの顔による街頭演説会。繰り返し行っているうちに、やっている者も、見る者も「当たり前」と思うようになっていく。

しかし、「やって当たり前」も、「やってて当たり前」も、本当は「当たり前ではない」、「今日も無事に行える(行えた)」ということが、有り難いことであるということを忘れてはならない。

見えないところで、様々な力と、見えない苦労、見えない努力が互いに支えあって、物事は完成されていく。

時の経過というもは、普段なかなか気づかないものである。しかし、元気だった人の病や、物の劣化でハッと気づかされるものである。

先月、久しぶりに立ち寄ったガソリンスタンドのオヤジに、「この車、よく走っとるね」と言われた。

「この車」とは、新橋で主力と成っている街宣車のことである。

毎日の活動を労って「がんばってるね」という意味ではなく、劣化したボディーを指して「まだ走るのコレ?」という意味の言葉であった。

失礼極まりないと思ったが、車をよく見ると言われた通りである。いつの間にか車は錆でボロボロである。

今年の活動を記録した当紙記事の中から、車の写真を改めて見ると、その劣化は一目瞭然である。

きっと車に口があったら、今まで黙って頑張って来たのだから、少しは身体を気遣ってくれよ!と言ったかもしれない。

そんなわけで、年末の煤払いを兼ねて、大型の街宣車を急遽メンテナンスすることになったのである。

そのため、12月に入ってからの新橋街宣はお休みが続いていた。

ところが、別の街宣車でもいいから演説会を続けましょうと皆さんから声を掛けられ、12月21日の街頭演説会に至った次第である。

この日はちょうど冬至である。一年で最も日照時間が短い日。ゆえに太陽を崇める先人たちは、太陽の力が一番弱くなる日と捉え、病や災いから身を護る慣わしを施してきた。禊の由来である湯に浸かること(ゆず湯)、節分にも鬼退治に使用する小豆を使った冬至粥を食べること、栄養の高いカボチャを食べること等。こうして家族の健康を祈念して過ごしてきた。

冬至の翌日からは太陽の力がよみがえり、運気が上昇に転じるといわれている。

街頭演説も終了時間に差し掛かるころ、ちょうど車の完成を知らせる電話がかかって来た。冬至が過ぎ「一陽来復」の知らせである。

遠方より、大きなバスで応援に駆けつけて下さった政治結社聖勝義塾の村野塾頭をはじめ、若杉議長に感謝申し上げます。

そして年の瀬で忙しい中、駆けつけて下さった長谷川さん、全国を駆け巡り活動している松田青年、応援団の皆様方、本当に今年も一年ありがとうございました。














復 活!


 

社会の不条理を糾す会/東京・忘年会

社会の不条理を糾す会/東京・忘年会(平成28年12月20日)
 

 


 
 


 
 



 



 

 

 

 
 
 
 

 
 


 

 



 



 



 



 

 



 



 



 

 





今年も一年お疲れさまでした。

また来年も宜しくお願い致します。

 


 


社会の不条理を糾す会/新宿

社会の不条理を糾す会/新宿(平成28年12月17日)

本日12月17日(土)、新宿駅東口広場にて「社会の不条理を糾す会」による定例の街頭演説会が行われました。

今年、最後の演説会と成りますが、日露首脳会談の直後であることから、話題は北方領土問題に集中いたしました。

そんな中、登壇した十代の若き女性弁士より、街はクリスマスに向けて彩られているが、「多文化共生」の名の下に、本来の趣旨を教えられることも学ぶことも無く、他国の文化が流入し、日本の伝統文化が形骸化していることに、警鐘を鳴らす訴えがなされ、街を行きかう同年代の若者たちに、深く印象に残るものと成ったことでしょう。

師走の週末ということもあり、新宿はいつも以上に多くの人で賑わっておりました。

「社会の不条理を糾す会」の新宿街頭演説会は、毎月第3土曜日、午後1時〜5時に行っております。
今年も一年大変お世話に成りました。来年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 



 



 




 

 

 

 




(拡大クリック)



 


 

 


SNSに敬天新聞ニセ者現る!?

SNSに敬天新聞ニセ者現る!?

本日、敬天新聞社の「佐伯」を名乗る者から、SNSを使用した取材の申し入れがあったという女性から電話で問い合わせをいただいた。声の感じから若い女性である。

この女性の話によると、「佐伯」から最初に連絡があったのは午前3時だそうである。

当社には「佐伯」という名前の者はいないし、午前3時に見知らぬ若い女性に、いきなりSNSで取材を申し入れるような非常識というべきか、働き者というべきか、そんなことをする人はいませんよ。

電話をしてきた女性は、副業の情報サイトや爆サイなどで見つけた「情報商材」を扱っているそうだ。

「情報商材」なんて聞くと、当社は不正追及中の業者を抱えているから、あまり良い印象を持っていないが、それでもやっている本人に「いっさい疚しいことが無い」というのであれば、当社からであろうと警察からであろうと、連絡がきたからといって慌てふためくことは無いだろう。


それよりなにより、当社を騙るとは何ごとか「オイッ!佐伯」。

以下、敬天を騙る「佐伯」と女性のやり取りをご覧ください。








↓取材に応じなければ、これで更なる被害者を集めるぞ!と言ってるわけかい。



ところで、自称「佐伯」くんは何がしたかったのだろうか?

「sagibokumetu」って題目で、

敬天新聞社の名を騙り、世直し月光仮面のつもりかね?

午後3時には当社に来るように誘っていたそうじゃない!

もし、本当に被害者がいて、いいネタを摑んでいるのなら、当社に直接ネタをもってきなさい。

又、本気で世直しをしたいのなら、当社に面接にきなさいよ。偽者ではなく本物になれるかもしれないよ。

でも、こんなやり方したのでは、女性への嫌がらせ目的の「変態仮面」と思われるだけ。

実際に、この女性は当社の偽者だと分かったので、不審者扱いで弁護士と警視庁に相談に行ってしまったよ。



〜こんな連絡が来たら、あなたならどうする?〜


ご案内「中国臓器狩り問題」講演

ご案内「中国臓器狩り問題」講演

ご案内3枚綴り(画像クリック)


過去記事クリック→「中国臓器狩り」問題・埼玉講演(平成26年6月7日)

【本日の投書】埼玉県農林部森づくり課〜

【本日の投書】埼玉県農林部森づくり課〜

投書(画像クリック)


戸田市水と緑の公社 理事長 細田米蔵 殿

戸田市水と緑の公社 理事長 細田米蔵 殿                     

本日、メインブログに掲載されている投書に基づき、要望書を送りました。

内容は以下の通りです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成28年11月17日

公益財団法人 戸田市水と緑の公社

理事長 細田米蔵 殿


道満グリーンパーク「ドッグラン」利用に関する要望書
 

【要望の趣旨】

当社は、日本の伝統文化を尊び、社会の不条理を糺す活動を全国展開しております敬天新聞社と申します。この度、貴社の管理施設である道満グリーンパーク内にある「ドッグラン」について、利用者の方から「投書」が送られてきました。利用者同士のトラブルでもありますが、管理者に対する不信の念も記されております。地元の事でもありますので、見過ごすわけにもいきませんので、誰もが安心して利用できる公園づくりと、愛される戸田市を切に願い本書簡を送らせていただきました。
貴殿におかれましては、市議会議員、県議会議員の実績があり、市長を志していたことも承知しております。長年に渡り地方自治に携わり、愛郷心の深い方であると信じています。是非、同封いたしました投書の内容をご確認の上、然るべき対応をお願い申し上げます。


【要望の内容】

1、他の利用者が迷惑を被るような問題行動を起こし、公園並びに施設の秩序を害する飼い主および犬の利用に対し、厳正に対処すること。また、危害を及ぼす様な言動や行動をする飼い主及び犬に対しては、迅速に貴社の手に負えないものと判断し、躊躇なく警察に通報し、利用者の安全を確保すること。

2、施設管理者および使用者に、利用規約を厳守させること。

3、例えば、犬の性質(活発・おとなしい、子犬・老犬など)による施設内の区分けでトラブル解消策を講じるなど協議すること。

4、利用料金について、不正を疑われないように、ご利用明細書(レシート)は必ず発行し、利用者に断られない限り、必ず手渡すこと。

5、貴社ホームページで表明している「誰もが心豊かに暮らせる地域社会の健全な発展に寄与する」という目的を忘れないでください。

以上の事項について要望致します。

〒335-0013
埼玉県戸田市喜沢1-28-43
 tel: 048-229-0007
 fax: 048-242-5858

敬天新聞社  担当 関口 惺                        

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



原本(クリック)

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


※本件は後日、水と緑の公社より丁重なご回答をいただいております。

回答書→http://brog.keiten.net/?eid=1097561


 

社会の不条理を糾す会/新潟(平成28年11月3日)

社会の不条理を糾す会/新潟(平成28年11月3日)

11月3日(木)文化の日、活動を全国に展開している『社会の不条理を糾す会』東京本部と新潟本部の合同演説会が行われました。

新潟市では条例が厳しく、街宣車両を停車しての演説は禁じられていますが、新潟本部の皆さんの尽力により、買い物客で賑わう漁港の商業施設ピアBandai(万代島鮮魚センター前)にて、演説会を開催することが出来ました。

新潟県が抱える原発再稼働の是非をはじめ、我が国の諸問題に対し、地元の弁士に加え、東京、埼玉、神奈川、山梨から駆けつけた弁士たちが、国民の祝日『文化の日』に合わせ、日本の伝統と文化を重んじ、国を憂いて「社会に蔓延る不条理を糾す」訴えをいたしました。


 



 



  

 



 

 
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


青年思想研究会/先憂を偲ぶ会「筑紫次郎十三回忌」

青年思想研究会/先憂を偲ぶ会「筑紫次郎十三回忌」

平成28年10月29日

(写真集)
 


 







   

 



 

 





 





 



 

 



 

 



 



 

 





 



 


selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode