靖国神社トイレ爆破事件の犯人に告ぐ

靖国神社トイレ爆破事件の犯人に告ぐ

昨日23、靖国神社のトイレに爆発物が仕掛けられ、トイレの一部が破損した。

靖国神社では、午前10時から新穀を得たことを神様に感謝する新嘗祭が行われており、普段より多くの人たちが神社を訪れていた。幸い怪我人はいなかった。

言うまでもなく、国や家族を身を挺して護ろうとした英霊が静かに眠り、感謝と慰霊、国の安寧を御祈念するため参拝者は訪れる。

また、資源に乏しい小さな国の人々が、生命を育んでこれたのは、恵まれた自然から穀物を収穫することが出来たからだ。そのため自然への感謝は絶対に忘れてはならない。だから収穫祭である新嘗祭は大切な祭祀である。

このような場所と時節を選んで、爆発物を仕掛けたことは卑劣極まりない行為であるということは言うまでもない。

一方、なんとも愚かで浅はかな行為であると共に、何の成果も得られない犯行であることを犯人は思い知るがよい。

他国では、紛争の火種となっているのが宗教である。一神教を崇拝し、教えや信仰が異なるものを排除するために、暴力や戦争も辞さない。施設を破壊し聖戦の成果を称えあう。

しかし、日本人が持っている八百万の神々を崇める宗教観は他国とは全く違うから、相反する意見のものを襲撃したり、破壊したりすることはない。日本でそんなことをするのは新興宗教くらいであろう。また、そんなことをされても、一人一人の心に深く浸透している信仰心は何ら揺らぐことはない。物を壊したところで何も変わらないということだ。犯行に及んだ犯人にさえ憐れみを感じるのが、神道と仏教が自然と生活の中に馴染み親しんできた日本人の崇高な精神と慈悲深さだ。

これまでの当局の調べで、爆発装置のお粗末さから過激派ではないだろうとの見方がある。なぜ靖国神社を狙ったのか?、安保法を戦争法と浅はかに談じる者の仕業か?、総理の参拝を牽制する者か?、何を訴え何を目的としているのか分からない。なぜなら神社とは全く無関係であるからだ。

爆発で騒動となったけれど何の意味も目的も成していない無駄な犯行で、ただ世間に多大な迷惑をかけただけである。

犯人は、神聖な場所で、そんな無駄で浅はかな行いをした自分の愚かさに苦悩し、反省するがいい。

ユネスコ予算分担金拠出の意義

ユネスコ予算分担金拠出の意義

昨日10日の国会衆院予算委員会で、自民党の稲田朋美政調会長が、中国が申請した「南京大虐殺文書」を世界記憶遺産に登録したユネスコ(国連教育科学文化機関)に関し、「非常に遺憾。何が登録されるかいまだに明らかにされていない。真実かどうかも明らかにされず、ユネスコの在り方にも問題がある」と批判し、「中国に働きかけるのみならず、ユネスコのルールの透明化と制度の改善に全力を尽くすべきだ」と政府に対応を求めた。

既にご承知の通り、先月ユネスコが重要な歴史文書などを認定する世界記憶遺産に、中国が求めていた南京大虐殺の記録を登録することを決めた。

これに対し、日本政府はユネスコへ事実上トップとなっている分担金拠出(昨年度約37億円)を凍結する構えを見せていた。

鳩山由紀夫の同志、反日活動家の河野洋平は分担金拠出を停止すべきだとの意見が政府から出ていることについて、外国人記者団を集めて「ユネスコの世界的役割を考えれば、全く恥ずかしい話だ」と日本を批判し、中国では「日本は金の力でものをいわせるのか」という批判の声があがっていた。

しかし、これらの批判は、ユネスコに対して投げかけるべき批判である。

日本は、ユネスコの世界的役割を理解していたからこそ巨額な支援を行ってきた。それなのに不透明で公正を欠く選定をユネスコが行ったのだから、稲田朋美議員が予算委員会で「ユネスコの在り方にも問題がある」と指摘したのは当然だ。

結局、今月の6日には、ユネスコのボコバ事務局長が馳浩文部科学相と会談し、ユネスコの世界記憶遺産制度について「透明性が欠如している」と認め、日本が求める選定過程見直しの検討に着手したと言及した。

世界遺産登録の選定について不透明であると認め、選定過程を見直しするというユネスコ。

金に糸目をつけている不透明な組織であることが浮き彫りになったのはユネスコである。

河野洋平の「全く恥ずかしい話だ」という批判も「金の力でものをいわせる」という批判も、日本政府ではなくユネスコに対して投げかける言葉である。

また、ユネスコのボコバ事務局長がユネスコの世界記憶遺産制度について「透明性が欠如している」と認め、今後の選定過程を見直しするといっても、「南京大虐殺」の世界記憶遺産登録を再検討するといったわけではないだろう。

ユネスコのボコバ事務局長と会談した馳浩文部科学相が安堵しているとしたら大間違いである。

昨日の国会予算委員会で稲田議員がユネスコを批判し、敢えて政府に対応を求めたのはその為ではないか。

ユネスコの存在と、これまで選ばれてきた「世界遺産登録」が何とも薄っぺらに見えてしまった今、ユネスコ予算分担金の拠出の意義は、単に各国の社交辞令に他ならない。



 

青年思想研究会/先憂を偲ぶ会・・・二十三回忌

青年思想研究会/先憂を偲ぶ会・・・二十三回忌

昨日10月31日、青年思想研究会による「偲ぶ会」が都内にて執り行われました。

青年思想研究会は、「愛国青年会議」として発足五十年、改称して五十三年の歩みを重ね、現在の活動に至っておられるそうです。

今年は初代議長でありました故高橋正義先生が他界されてから、仏法に謂う二十三回忌に相当することから、会の皆様にとっては、より感慨深い「偲ぶ会」であったそうです。












 
 

 

 



 



 


 
青年思想研究会 議長 緒方孝名先生は、
今年は安保法を巡り国会周辺で若者を中心に大きなデモが起こりました。その議論の根底に憲法改正が謂われておりますが、いうまでもなく敗戦直後に米国主導のもと、僅かな時間で作成され押し付けられた憲法であることを、若者たちは気づいていない。私達が求めなければならないのは、憲法改正ではなく自主憲法の制定によって、真の主権国家を築かなけらばならないということを強く訴えられておりました。

 








 
民族革新会議 顧問 山口 申 先生は、以前は何処でも見られた赤ん坊を背中に「おんぶ」し、子守唄を聞かせる親の姿を見なくなった。それが親子の絆に異変をきたし、現在勃発している親殺し子殺しの事件を齎しているというお話しをされました。
これは育児研究者の間でも言われていることですが、人間には5つの感覚(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)があり、その中でも最も大事なのは視覚であり、赤ん坊は「おんぶ」されることで、親の目線で世の中を見ることで人との出会いや物事に対する思考を育んでいきます。母の背で密接に愛情を注がれながら、人間味のある子供の育成ができる。そんな機会が失われている。苦労を回避することや障壁を取り除くことで便利な世の中になったけれど、その代償は、打たれもろく無情な人間を世に放ち、様々な弊害を生じさせているのではないかと考えさせられました。








 





  
 
例年、ご来賓の諸先生方のお話に学ばされます。すべて紹介しきれないのが残念です。

 
 
特に、編∃鬚了務局長 沼山光洋先生がお話の中で、今年の夏、靖国神社の「みたままつり」で300店舗が軒を連ねる露店が無くなったことに触れておりました。
これは、夜通し酒を振る舞い奇声をあげ、ゴミを散らす者が現れるなど、祖霊をお祀りするという趣旨を逸脱した行為により、神社はもとより近隣住民に迷惑をかける者が多くなったことから、宮司が本来のあるべき姿に戻したいという心痛の思いでとった措置でありました。
靖国神社へ寄せられる苦情の中には、一般の参拝者を不快にさせる行為として、参道に我がもの顔で街宣車両を駐車し、所構わず喫煙する等、民族派陣営に纏わるものもあるそうです。
右翼の脅威は、過ちを犯した者にとって糾されるという脅威でなくてはなりません。例えば「みたままつり」を汚す者にとって脅威でなくてはならないのです。そのために私たちが先ず襟を正さなければなりません。
靖国神社を誰よりも愛し、国の安寧と英霊のやすらぎを御守りすることに日夜尽力を成されておられる編∃鮠損垣萓犬覆蕕任呂力辰任△蠅泙靴拭
靖国神社の本来のあるべき姿だけではなく、愛国者、民族派を自称する人達の本来あるべき姿、振る舞い、心構えというものを改めて考えさせられるお話でありました。






先憂、先人、先輩、祖霊の様々な活動と御心に触れ、学ぶことの多い「偲ぶ会」でありました。

秋季例大祭へ行こう

秋季例大祭へ行こう

靖国神社の秋季例大祭(17〜20日)にあわせ、安倍晋三首相が靖国神社に真榊を奉納し、岩城光英法相、高市早苗総務相が参拝をした。

岩城大臣は「国のために戦い、尊い命をささげられたご英霊に感謝の誠を表すためだ」と記者団に話し、高市大臣は「御霊に心から感謝の気持ちをささげた」と述べた。

そして安倍首相の奉納について菅義偉官房長官は「国のために亡くなられた方に手を合わせるのは世界共通のことだ」と指摘した。日本人として当然のことである。

さっそく中国国営新華社通信が中国政府に成り代わり「日本の一部の政治家が靖国参拝を続けることで、日本と中国、韓国などアジア各国の関係に緊張を招いている」と批判報道をはじめた。

抗日戦勝七十周年記念式典を実施し、各国の要人を招き過去最大規模の軍事パレードを行い、南京虐殺をユネスコに世界記憶遺産登録し、長年に渡り我国の領土・領海・領空を脅かしておきながら、日本が「アジア各国の関係に緊張を招いている」とは、いったいどの面下げて言っているのか?

そればかりか、中国は南シナ海で岩礁を埋め立てし軍事化を進めるほか、サイバー攻撃の疑いもあり、各国を脅かしている。

今更ながら申し上げるまでもないけれど、厚顔無恥も甚だしい中共に対し、我々は顔色を窺い、頭を垂れてまで友好関係を築く必要などないだろう。

中国政府なんて、そんなもんだ、何をしようが何を言おうが放っておけばいいなんて、日本だけで短絡的に考えていると、知らぬ間にあの手この手で世界を抱込み嘘が真実にされ兼ねない。

言うべきことは、ハッキリ大きな声で言わなければ、相手には届かない。

日本政府も国民も自国に誇りをもって厳しく対峙せねばならない。



 

W杯ラグビー日本代表エディー監督から学ぶ外交

W杯ラグビー日本代表エディー監督から学ぶ外交

昨年度のユネスコ(国連教育科学文化機関)予算の日本の分担率は米国の22%に次ぐ10・83%で、金額は約37億1800万円だったという。米国が支払い停止中のため事実上のトップで、これ以外の任意拠出金を合わせると計約54億3270万円も出しているという。

そのユネスコ処出金について、菅官房長官が拠出金の停止や削減を検討する考えを示した。

中立・公平なユネスコの世界的な活動を与し、何処の国にも負けないほど貢献してきたつもりの日本を貶めるような、それも理不尽な世界記憶遺産登録を行ったのだから当然だ。

また、中国外務省の華春瑩・副報道局長は昨日12日の記者会見で、ユネスコの世界記憶遺産に中国が申請し登録が見送られた旧日本軍のいわゆる「従軍慰安婦」に関する資料について、ユネスコ側から「関係国との共同申請を勧める意見があった」と述べたという。

事実ならユネスコが中立・公正だというのは日本の都合の良い妄想で、とんでもない集金機関だ。

ユネスコの誰が何時そのような発言をしたのか不明だが、自国にとって都合よい解釈で大口を叩くのが中国政府だから、しっかり発言の出所を追及せねばならない。

それにしても、南京虐殺が世界記憶遺産に登録されたことで、中国が勢いづいたのは確かである。

従軍慰安婦に関する記録について、2017年次回会議で記憶遺産登録を目指す韓国と共同申請する可能性も出てきた。


謙虚な心と金こそが誠意という考えも、金だけ出して安心を買う外交に過ぎず、要のところで裏切られて仕舞うということを学習しなければならない。


ラグビーワールドカップで活躍した、日本代表のエディー・ジョーンズ監督が、日本人の特徴を生かしたチームトレーニングで勝利に導いたと話題と成っている。そのエディー・ジョーンズ監督がテレビの取材で「日本人は受け身で消極的。変化したがらない」と日本人の弱点を語っていた。これが日本人の判断力を鈍らせ悪い結果を生じさせているという。この弱点を克服したから勝利につながったということだ。

スポーツの世界での話だが、外国人から見る日本人の特徴を明確に示している言葉である。

それは、スポーツに限らず、日本人が世界で渡り合う上で、共通した課題ではないか。

南京虐殺を認めた機能不全の国連機関

南京虐殺を認めた機能不全の国連機関

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の重要な歴史文書などを認定する世界記憶遺産に、中国が南京大虐殺の記録と慰安婦に関する資料を登録申請していた問題で、ユネスコが昨日9日「南京虐殺」に関する資料を登録することを決めたという。

中国にとって、国連機関から「お墨付き」をもらった形となった。

韓国が主張する、いわゆる「従軍慰安婦」について国連人権委員会に提出されたクマラスワミ報告書に次ぐ、日本の歴史に禍根を残す事態である。

日本政府は日中間の歴史認識の溝を広げる可能性があるとして「ユネスコの政治利用」と反発しているが、問題は日中間の歴史問題に止まらないだろう。

韓国が行ったように、中国は世界記憶遺産登録を根拠にロビー活動を世界で展開して行くことになるだろう。

嫌われても喧嘩しても、謙虚に相手を思いやり、相手に何をされても堪え忍び、寡黙で誠実に身構えていれば、いつか相手と心が通じ合うという日本人の美徳ともいえる感覚は、国内でも遠い昔の性善説に成りつつある。そのような性善説も、日本で常識であることでも、世界には通用しないということに目を覚まさなければならない。日本の正義が世界の正義とは限らない、日本の御都合主義と捉えられるだけなのだ。

世界最強兵器である核兵器の威力をもってしても、例えば広島原爆での投下直後の死者が10万人規模であったのに、中国は南京大虐殺の死者を30万人であると主張する。嘗ては300万人だったと主張した学者もいたようだ。南京の人口や日本の兵力と照らし合わせれば中国の主張が非現実的な主張であることは明白だ。

それでも、誇大宣伝の声を上げ、主張をやや引き下げることで譲歩してやったのだといって、とんだ恩着せがましい主張を外交に持ち込んで来るのが中国のやり方だ。

国連は神でも仏でもない。公平公正を誠実に求めても、所詮は世界各国の思惑が暗躍し、無駄に争わないよう皆でパワーバランスを保っているだけに過ぎないのだ。

だから武力も持たず、同盟協力関係にある国々の紛争に、手を貸すことも助けることも積極的に行わない国は、発言力を持たず相手にされないのが実情だ。


日本が歴史問題であると思っていても、中国にとっては外交戦略のカードであり、飯のタネでもあるということだ。中国は非常識だと思うかもしれないが、露骨に表に出すか出さないかの違いだけで、外交に対する戦略と捉えれば、なんでもかんでも飯のタネ、国益に結び付けようとするのは世界の常識なのかもしれない。

中国以外の国々の思惑が絡まなければ、日本の主張に反しユネスコが中国の主張を受け入れて「南京虐殺」を世界記憶遺産登録に認める筈がないだろう。


本当に怒ったときは一線を越えかねないという怖さも持たなければ弱小国とみなされる。これでは有らぬ汚名を着せられ続けて、自分の国があまりにも可哀そうではないか。亡くなった祖霊にも未来の子孫にも申し訳が立たない。

嘘も百回言えば真実になるとう言葉がある。

日本政府も国民も、機能不全の国連機関と「南京虐殺世界記憶遺産登録」に断固反対の意思と声を上げなければならない。












 

平成27年9.29反中共デー東京大会後半

平成27年9.29反中共デー東京大会後半

日中国交正常化、関係樹立とは名ばかりの、日本に百害あって一利なしの横暴極まりない中国政府の振る舞いに対し、反中共、国交断絶、抗議のデモ!

 

徒歩行進
三河台公園を出発〜六本木〜西麻布〜南麻布〜天王寺〜広尾公園






 

 

 





 





 

 







  

 



 





総括集会



 

シュプレヒコール



 

聖寿万歳











 

平成27年9.29反中共デー東京大会〜鞍

平成27年9.29反中共デー東京大会前半

本日9月29日、反中共デー東京大会が開催されました。

 
 
 



 
 

 


写真の数が多いので、前半と後半に分けて掲載いたします。

後半へ続く。


「南京裁判」展転社を支援する会より(転載)

「南京裁判」展転社を支援する会より

「南京裁判」展転社を支援する会より、下記の連絡がありましたので、拡散いたします。

展転社と夏淑琴さん(南京事件の被害者と称している中共の女性)とが争っている民事裁判ですが、控訴審が9月30日(水)の午後2時30分より東京高等裁判所の第101号大法廷において開かれます。

当日の傍聴は抽選となります。

午後2時10分までに東京高裁2番交付所に来られた方に抽選券を交付するとのことです。

中共と戦っている展転社を支援するため、東京高裁にご参集くだされば、ありがたく存じます。

皆さまのご理解ご協力をお願い申し上げます。


(※日本の国益と国民の名誉を護るべく三澤浩一様より頂いたメールを周知・拡散の為、転載いたしました)

9.29反中共デー東京大会のご案内

9.29反中共デー東京大会のご案内
 
画像をクリックしてください





当ブログ関連記事

9.3抗日戦勝記念式典訪中で進める3か国首脳会談

http://k-10.jugem.jp/?eid=2232

 

抗日運動家
http://k-10.jugem.jp/?eid=2234



selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode